副業に関する納税方法について質問です。(長文です、申し訳ございません。) 目標:会社に副業バレたくない。 ○税金に関する集めた情報

税金31閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ご回答いただき、ありがとうございます。 不備があり、申し訳ございません。 普通徴収で納税するには、以下の二つの条件が必要でした。  ①私の場合、給与所得ではなく雑所得に分類されます。  ②自治体では、普通徴収も対応できるそうです。 税務署に相談した際の回答 フリーランスで得た所得は、雑所得だと言われました。 以下、私の考えになります。 開業届と白色申告の提出→雑所得から事業所得に変化。 給与所得+事業所得に該当→確定申告書Bの提出。 確定申告を市区町村に提出→住民税は計算され、年始で税金が決定。 2021年の間に得た所得→2022年に申告・振り込み。 本業での給与所得(銀行に振り込まれる金額) と 副業による事業所得 を合算して来年の1~3月に報告するのでしょうか。 また、私の考えについて、間違っている場所がある場合、 ご指摘いただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

未だに理解できていない状況ですが、丁寧に答えていただけていたので、ベストアンサーに選ばせていただきました。 ありがとうございます。

お礼日時:5/10 8:58

その他の回答(1件)

0

まず、給与所得なら、特別徴収できるか自治体次第 あとは、住民税決定通知書が、詳細隠しているか。これも、自治体次第、 わかるのは、詳細と、額の変化。で見られたとき。 1だれに、なんのため。 2決定通知書と同じ時期、6月 3 6月から、1月か2月、自治体で違う。 4期で 4.管轄違うからね 5まあ、給与所得以外は。まあ、住んているところ次第 選択は、bひょうにはいっている 6まあ大体 白はマストではないかと。 突っ込まれやすいが。 7b表です。 8ちがいます。