ID非公開

2021/5/4 0:41

1010回答

麻雀のフリテンについて

麻雀87閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

その他の回答(9件)

5

麻雀にフリテンというルールが出来たばかりの頃は、ロン上がり出来いのは現物だけだったんだけどね。 現代の麻雀では上がれる形になる牌を捨ててれば、それでは役が無かろうが他の待ちが出てもフリテン扱いとなり上がれません。 こういう時に上家から6が出たら、チーでタンヤオ三色を確定するのが良いです。 そして四を捨ててフリテンは継続 二四五の3面待ちで待ち自体は良いからフリテンを継続するか、上がり易くて三色も確定する2、②でもツモり、残りの3枚が誰の捨て牌にも無いんだったら待ちを変えるか、状況次第で選べば良い。 幺九牌がドラでドラをツモったら、ドラを捨てること自体が危ない状況も多いからwドラ単騎の三色ドラ2に変えても良い。 符計算を廃止した上で符が高くなるような役を高くしたり、符が高くなるような手に新役を設けると共に、フリテンの現物も上がれるようにしたほうが、初心者に説明し易くて良いと思うんだけどな。

5人がナイス!しています

1

超初心者の方ですね。 6も9もフリテンとか、9はフリテンだが6はフリテンじゃないとか、そういう言い方は誤りです。 そのテンパイをフリテンの状態という言い方をします。 だからフリテンテンパイの時に、この牌だとロンあがりできるがこの牌だとできないとか、そういうことは絶対にありません。フリテンテンパイの場合は、河に捨てたか否か全く関係なく、全ての待ち牌でロンあがりできないのです(ツモあがりできるかどうかは役の有無次第)。

1人がナイス!しています

5

もちろん、フリテンとなります。 フリテンとは、複数ある待ち牌の中で、1枚でも捨てていたら、その複数の待ち牌全てでロンあがりは出来なくなります。 例えば、23456と持っていたら、1・4・7での3面待ちですが、1を捨てていたら、1はもちろんですが、4でも7でもロンあがりは出来ません。 ご質問の手牌では、自分で6を引いてきたら、「タンヤオ・三色」であがれます。 しかし、9を引いてきても、タンヤオにも三色にもならず、役がないのであがれません。 ツモ(自摸)は、正式には「面前自摸」と言い、文字通り、面前(1枚も鳴いていない状態)でのみ、1役となります。

5人がナイス!しています