年金についてです。 20歳以前に障害がある人が貰う障害基礎年金と会社員になって社会保険に入り、

年金49閲覧

ベストアンサー

0

では、障害基礎年金を貰いながら厚生年金を払っていけば 65歳の時に障害基礎年金+老齢厚生年金の2段階がもらえるので、障害基礎年金を貰っていたとしても働いてるうちは厚生年金に加入した方が将来貰える額が増えるということで合っていますか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!!

お礼日時:5/10 8:39

その他の回答(6件)

0

20歳前に初診日があり、保険料納付要件を満たさないで、障害基礎年金2級を受給しながら、厚生年金を支払った場合の65歳以降の年金についてですが・・ 一度でも、64歳までに障害年金2級以上の障害等級に該当すれば、65歳以降も更新等で障害年金2級以上に該当すれば、障害年金と老齢年金を選択できるようになります。 障害基礎年金2級+老齢厚生年金 と組み合わせれば、基礎年金2級は、老齢基礎年金満額(国民年金を40年間納付済み)と同額になりますが、障害基礎年金は非課税なのが特徴です。 老齢厚生年金は、65歳到達までに支払った厚生年金額が反映されるので、受け取る金額も厚生年金部分が上乗せされます。 よって、厚生年金を支払うメリットは、老齢厚生年金を受け取る事ができる点で、基礎年金部分を障害基礎年金を選択すれば、基礎年金部分は非課税なり、所得税や住民税の軽減に繋がる点です。 障害年金2級以上だと、年金支援者給付金が受給できる(前年の所得要件はあるが)のが、大きいと考えます。

0

>両方貰えますか? 両方もらえます。 >会社員になり厚生年金を払うメリットはなんでしょうか? 報酬比例部分をもらえることですね。

0

20才前障害の場合は所得制限があるので老齢年金も老齢厚生年金も免除の対象です。