高校1年生 野球部です。

補足

あと、もし辞めたあと、野球部の子たちとは気まずくなったりするんですよね?

高校野球60閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

気まずくなるかどうかって問題結構難しいですね… 既に仲が良いならそういうのは軽減されると思うけど入部したばっかですもんね。気まずくなるかどうかは正直残るメンバーたちの性格や考え方でだいぶ変わるからなぁ 他の子達がどんな子かわからないけど質問者さんが出来るだけ気まずさ無くしたいのなら辞める前に彼らに辞めることと軽く理由を言って納得してもらえばそれなりになくなるんじゃないかな?多分、彼らに何も言わずに辞めたら気まずさはマックスになりますよ。

その他の回答(4件)

1

他の方と同じです、甲子園優勝をしている高校の野球部OBです。 特待で入り、野球だけして大学へ進み、野球だけで卒業しました。 なので、辞めない理由はたくさん書けます。 でもそれは他の人も同じだと思いますが、何かにかけるとは何かを捨てるという事にもなります、要は野球で強豪校に入部することは他を捨てでも野球をやりぬくことなんです。逆を言えば、この3年間で野球を辞めて何が残るのかです、自分は何も残りませんでした、なので辞めると言う選択肢はありません、辞める=高校中退を意味していました、必死に3年間野球だけをして大学も野球で進学するんだという選択肢しかなかったから。 でも辞めないことでプラスになることはたくさんあります、それは経験したからです、でもそれはあなたはどうかなとも思います。 それはもう部活動ではない、戦う集団でありサラリーマンと同じ集団です、学費も払わず、野球を通じて学校を宣伝する、広告費ですよ、本来であれば学費を納めて学ぶことを提供を受ける場です、でもあなたの学校はそうではないのでは、会社は会社のための利益を上げる人に給与を対価として支払います、それと同じです。そんな部にいていいですか?辞めることは逃げることでもあります、野球で特待で入った場合です。 大事なのは、甲子園と同じだけ努力をして結果を出せるかどうかです。それは大学だと思います、甲子園出て大学へ進むのも、勉強して大学へ進むのも価値はありますから、仲間は大丈夫です、辞め方です、相手が逃げたと感じれば別ですけど、もうあなたは遅れていませんか?限界はどこかで受け入れるときは誰でも来ます、その時ではないかなとも思います。 仲間は大事です、でも他の事で努力を続ければまた仲間はできます。それなりの人にはそれなりの仲間ができます、それでも後悔するのであれば裏方に回ればいいですよ、サポートするのも大事なことです。エースや4番が凄いと同じだけの価値はあります。 辞める続けるのか、たった2年半、2度とできない高校野球を辞めるのは反対派です、でもそれは野球しかしていない人はです、辞めても勉強しない人です。

1人がナイス!しています

1

全国には、あなたと同じ理由で辞める選手が多い。 厳しい言い方ですが、少子化から野球で生徒を取る、 希望者は全員入部させて、バッグや練習着を買わせて儲ける。 特待30人、一般で100人いれて、 一般は一か月で半数が辞め、夏休み前にほとんど辞める。 3年夏には、特待は全員残っていて、一般は1人とか。 「これが、俺と同じ1年生か、 俺は3年間練習しても、今の彼より上手くなれない」 これで、ほとんど辞めて行くのです。 前もって、情報収集しなかったことが原因です。 その中で残った選手を見ると、 足が速い、生年月日が10月以降とか。 辞めるなら、正直に親に相談すべきです。 軟式があれば転向しても良いと思います。

1人がナイス!しています

2

私も高校の野球部には特待生で入部し、寮生活を経験しました。甲子園にも出場した某高校です。確かに質問者様のおっしゃる通り入学当初は「こんなにレベルの高いところでやっていけない」と思い、毎日「辞めたい」と思いながら職員室の前でモジモジしていたんです。それを毎日顧問の監督先生や部長先生、コーチの方々が「そんな思いをしているのはお前だけじゃない」「一緒に甲子園に行こう」と励ましてくれたのです。部の仲間たちも「俺らの世代で2回は甲子園に行こう」と励ましてくれました。そのおかげで地獄の1年生を乗り越え、新チームになったころ、1年夏、2年春、夏と甲子園出場を逃して悔しさも芽生え始めました。「もう駄目だ」と何度も思っていた自分にもそれとなく自信がつき、レギュラーに選抜されてからというもの夜間個人練習にも身が入るようになったのです。そして秋の地方大会を優勝し、地区大会にコマを進めあと一歩でセンバツの夢が立たれた瞬間「夏は必ず」を合言葉に自分でも気が狂うほど練習をしました。その後迎えた夏の地区予選で我々世代のチームは優勝し、甲子園出場を決めました。甲子園練習の時、スパイクで甲子園の土を「シャクッ」と嚙んだ瞬間「俺はこの日のため、ここへ来るためあれだけの練習をしてきたんだ」と涙が頬を伝ったのを昨日のことのように覚えています。抽選会、入場行進のリハーサルと行事は進み、本番の入場行進で見た「甲子園の風景」も忘れることができません。その時「辞めなくてよかった」と思ったものです。要するに自分だけが苦しいのではなく、同級生みんなも同じ思いで1年坊主は「苦しかったのです」その後の人生においても私は、苦しい時、投げ出したいとき、いつも同僚、先輩の顔を見て「苦しいのは自分だけじゃない」と言い聞かせてきました。高校野球は私に人生の糧を教えてくれたのです。「自分だけじゃない」を胸に励んでください。どうしても投げ出したいときは、信頼できる監督、部長、コーチに相談してみてください。道が開けますよ。

2人がナイス!しています

1

私の高校も県立強豪高校でしたが、辞めたのは1人だけでした。辞めた理由は本人から直接聞いた訳ではないので分かりませんが、特に気まずいとはなく普通に接していました。また、中学の時はソフトボール部で硬式野球部に入部した人もいました。ただ、私が在籍していた野球部は、監督自体がグランドにはいれば学年は関係ないと言っていた方でしたのでとても良い環境で全員同じ練習でした。あなた自身が練習について行けないと思うのならば、最後に決めるのもあなた自身ですから甘ったれた事を言ってんじゃないと言いたいです。野球が好きならば補欠だろうがやり続けると思うし、嫌いならば辞めて新しい人生を送る事がいいと思う。

1人がナイス!しています