江戸時代の娯楽って、やはり飲む打つ買うですか?

日本史25閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

底辺とDQNはいつの時代でも同じ。 時代によらず教養のある人間に育てば、娯楽はそれなりにいろいろある。

0

江戸時代になると(江戸時代は期間が長い) 庶民の楽しみ、娯楽は多種多様になります。 囲碁 将棋 俳句 狂歌 川柳 園芸 食べ歩き 釣り 、芝居見物 見世物見物 縁日 落語 寄席 人形浄瑠璃 祭り 寺院での秘仏開帳 富くじ 双六 凧揚げ サイコロ博打 女遊び 陰間遊び 伊勢参り 大山参り 花見 月見 雪見 夏場の川遊び 花火見物 湯治 風呂屋 相撲見物 朝顔市 酉の市 盆踊り などなど。

0

神社仏閣への参詣が一番だったようです。 それに付随して花見などが娯楽に入り、 芝居見物、長唄などを読んでの楽しみはお店を挙げての娯楽につながっていたようです。 のむと買うはストレス解消の遊興、 ばくちはあまり公ではなく娯楽に入れる事は出来ません。