回答受付が終了しました

田舎の余った土地に大量にソーラーパネルが設置されています あれは電力会社に蓄えた電気を売るんですよね

自然エネルギー17閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(1件)

0

太陽光発電のエネルギー効率は、数年前には20%行くか行かないかと言う事であり、現下に置いては改善しつつあり一部に30%を超えるソーラーパネルが在るのであります。 https://www.nedo.go.jp/hyoukabu/articles/201111sharp/index.html (SHARP 世界一のモジュール変換効率40%超を目指す、太陽電池開発中) 私が役員を務めている【新電力会社】では、モジュール変換効率30%を超えたモノしか設置しておらず、同じく私が役員を務めている【農業法人】とペアを組んで、ソーラーシェアリングを実現しているのであります。 田舎の余った土地で太陽光発電を行う業者の大半は、【固定価格買取制度】に寄って既存電力会社に売電しており、私の役員を務めている【新電力会社】はそれをし無いで、【自前送電網】を敷設して電力供給を私の住む集落や近隣集落で行っており、既存電力会社とは絶縁しておるのであります。 何れに致しましても、折角の太陽光発電を活かす為には、発電して直接に電力需要者へ供給するのが儲けも大きいのであり、既存電力会社に【託送料金】を支払う必要が無い為に、基本料金ゼロに従量料金も10%引きにしても十分に採算が取れているのであります。