64歳男性です。後2ヶ月で定年退職を迎えます。質問は退職後の再就職に関する悩みです。失業保険は150日間受け取る権利があります。

退職 | 社会保険43閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

早速のご意見ありがとうございます! 私は昨年の契約更新時に会社にお願いして64歳11か月までの契約にしてもらいました。ちょっと気が引けましたが、会社の人事は全然OKでした。採用者側からのご意見「悪くは思わない」とのこと。とても参考になります。安心しました。新型コロナで若い人こそ今本当に大変な時期です。年金も入るこの年寄りは、半年間じっくり待ってみようと思います。ありがとうございました!!

その他の回答(2件)

1

65歳以降に失業保険(基本手当)を受給する場合は、老齢厚生年金と基本手当が両方受け取れます。ただし、65歳以降に退職すると、失業保険は高年齢求職者給付金が適応されます。しかし、時期を選んで退職することで、失業保険(基本手当)と厚生年金の両方を受け取ることができます。 基本手当を受給するためには、65歳より前(65歳の誕生日の前々日)までに退職することが必要です。そして、65歳に達する日以降に求職の申し込みをします。そうすると、64歳で退職し、65歳以降に基本手当を受給することになるため、失業保険と老齢厚生年金の両方が受け取れるのです。 ただ、基本手当の受給が可能な期間は退職日の翌日から原則1年です。なので、あまり早い時期に退職してしまい65歳まで待っていると、受給できるすべての期間が退職日から1年以内に入らず、残りの日数分が受給できなくなってしまいます。 なので、ぎりぎりまでは働いてお給料をもらい、65歳に一番近い時期、64歳と11ヶ月での退職を選ぶことで、お得に失業保険と年金を受け取れるようになります。 したがって、どうせなら64歳と11ヵ月で退職されるのが老齢年金と失業保険が両方受給でき得になります。このコロナ禍の中ですから、失業給付を受け取り長くお勤めされた身体を労り再就職されるのも良いかと思います。

1人がナイス!しています

詳細なご説明恐れ入ります。これから定年を迎えられる他の閲覧者の方にも、すごく参考になると思います。また最後の労いのお言葉にはとても癒やされました。おっしゃる通りですね、なにもかも本当にありがとうございました!

1

「この年齢になれば半年程度の差は条件的にもはや関係ないようにも思え」というのは、その通りだと思います。 なお、離職日の時点で65歳になっている場合(正確には、離職日が65歳の誕生日の前日以後の場合)は、基本手当は受けられず、代わって高年齢求職者給付金となります。

1人がナイス!しています

早速のご意見ありがとうございます! 私は会社にお願いして64歳11か月までの契約にしてもらいました。同僚で会社にも義理があるので65歳まできっちり働くという者もいましたが、私はそんな気は毛頭もありません。やっぱりそうですよねえ。この大変な時期は余計待ったほうがいいかもしれませんね。