ボクシングの世界なんですが 昔も今もアマチュアもプロも韓国の選手は重量級でも通用してます。

ボクシング30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その通リでしたね。昔はサッカーかボクシングかというぐらいに ボクシングは人気のスポーツだったんですが、プロに関しては恐ろしく衰退して人気がないスポーツになりさがりました。日本も昔と比べると人気は かなり落ちましたが 韓国よりは かなりましです。 日本だと 今の若い人に昔の選手の名前を言っても知ってる人はいます。具志堅 ガッツ石松 輪島 渡嘉敷 薬師寺 などなど 勿論タレントに転身したからという事もありますが、 2年ほど前に ある飲み屋に日本で働くネイティブの韓国人の若者(22歳ぐらいから35歳ぐらいの人たち)が10人ぐらいいたので 少し会話したんですが ボクシングは人気はないそうで、 昔の世界チャンピオンたちを名前を言って 知ってるか聞いてみましたが 誰一人知ってる人はいませんでした。 柳済斗 張正九 洪秀換 白仁鉄 朴鍾八 これらの選手 みんな知りませんでした。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

他の皆さんにも貴重なお話を頂きましたが なんとなく共感する部分があったのでベストにさせて頂きます 他の方もありがとうございました。

お礼日時:5/11 22:31

その他の回答(2件)

0

アマチュアとプロが往年の日本は完全別の扱いにしていたこともあると思います。 あと意外にも思うけど、日本は早くからプロ野球が盛んで、往年の日本人のいい身体と運動神経の子供がこぞって野球に流れていたこともあると思います。 私世代では才能あったかもしれない人間が球技、野球とサッカー、ラグビーに流れており、強豪校では補欠の人間なんかボクシングすれば?の人間数多でした。 私個人では廉東均、崔忠日、金特九、黄錫揚、白仁鉄が世界レベルの選手たちと認識しておりますが、それぞれ恐ろしいレベルの王者争いで敗れた印象。 特に崔。リモン戦もナバレッテ戦も惜しかった。 黃もカリー戦でバケモノのような選手でしたね。

上記の韓国人選手は当然みんな知ってます。 とにかく韓国人ボクサーは驚くようなニュースが入ってくるような事が多かった。日本人が誰も勝てなかったフライ級のミゲールカントも 韓国で朴賛希に負けてタイトルを失い 再戦でも引き分けでタイトルを奪還出来なかった。これまた日本人が全く歯が立たなかったグティエスパダスも朴賛希にKO負けでタイトルを奪還出来なかった。怪物センサクムアンスリンも韓国で金相賢にKO負けでタイトルを失う 白仁鉄は日本人何十人と対戦してますが 勿論全勝全KO勝ち 中でも日本人の重量級が誰一人としてKO出来なかった新井容日を 2度対戦して2度共にKOで葬ってます 世界チャンピオンの渡辺二郎からタイトルを奪ったヒルベルトローマンも韓国ではKO負けしてます。あのローマンをどうやってKOしたのか 全く想像つきません。

0

体幹と骨格だと思います、サッカーもめちゃくちゃ強かったです、戦争はなぜか日本人のほうが強かったですね、ただ韓国人は整形しないと4角い顎とエラバリでかなり不細工だからうらやましいとは思えないですね。

整形してる人がすごく多く 整形する事に罪悪感は全くないそうです。整形する事じたいは罪じゃないから やる事そのものは悪い事ではありませんが、親から受け継いだ顔を変えるという事に全く何も感じないそうです。日本人だと たとえ不細工でも親から受け継いだものを整形すると 親を無辱してるみたいで気がひけるんですよね。 勿論 そこで整形を思いとどまる人と それでも申し訳ないが整形をする人とわかれるそうですが、一応 少しは悩みますが、 韓国人は全く悩まず その子の親ですら 逆に整形を進めるそうです(おまえが整形して将来が良い方向に行くなら 是非整形しなさいみたいな感じだそうです)