海外移住においてシステムエンジニアは有利に働きますか?

ビザ | 海外生活35閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(5件)

2

カナダの場合、システムエンジニア(広範囲なので、あなたの専門の)の人材が不足している限り有利ですが、不足してないと、そうでもない。 職種だけではないのです。 その様な状況は3か月毎に変わり得る。 又、SEの様な場合、大学でも勉強だけでは、余り有利でなく、企業で5年以上の経験を持つと、かなり有利です。 カナダの場合労働ビザと言うのが分からないけど永住権と仮定します。

2人がナイス!しています

2

日本とアメリカなどではSEの立ち位置が少し違います。 アメリカでは大学や大学院でコンピューターサイエンスを専攻した人が就き、プロジェクトマネージャーやコンサルタントといった企業経営に近い職種になります。 またアメリカは世界各国から優秀な人をSEとして集めてますので、有利に労働ビザが取れたとしても、就職後に会社に期待はずれと言われないよう、今から猛勉強を。。。

2人がナイス!しています

追伸 プロジェクトマネージャーといっても日本のようなのではなく、企業のあり方そのものを変えるくらいのプロジェクトのマネージャーです。

3

日本に於けるシステムエンジニアの比率以上に カナダ、アメリカはシステムエンジニアだ沢山 居るし、コミニュケーション能力、プレゼンテーション 能力も日本人より高いので ビザサポートしてまで 日本人のシステムエンジニアを雇うことは余り考え られない。 日本で〇〇会社のXXXと言うアプリ作った等の実績 でソフトの出来が良ければ採用もあり得るが難しい。 しいて言えば日本のクライアントと上手く交渉出来る とか日本語化の時 彼を使おう程度がアドバンテージ 頭脳・センスが良くても日本人をあまり雇わないのは、 社内でのコミニュケーション能力、プレゼンテーション 能力が劣るから積極的には使いたくないと思われています。

3人がナイス!しています

2

”単純にシステムエンジニア”ってもピンからキリまでありますからねー 有利or不利では考えられない。 現地企業に喜んで採用されるようなスキルの持ち主なら有利に働くでしょうけど、現地人でも可能なスキルレベルではわざわざビザサポートしてまで異国人を採用するメリットが企業側にない。

2人がナイス!しています