エレキギターには、指板とヘッドの色合いが黒で統一されているようなデザインはあるのでしょうか?

補足

ボディが赤のギターで、指板とヘッドの色がどちらも黒なのは一般的ではないのですね。 やはりこの場合、ヘッドを一般的な木の色かボディの色の赤にした方がいいのでしょうか? けど、いただいた回答を見る限り、ボディが赤のギターで指版もヘッドも黒のギターは全く存在しないわけではないのですよね? もし質問に書いたような配色のギターを持ったキャライラストを見たとき違和感を覚えますか? なかなか決めきれず、いろいろ質問してすみません。 よろしくお願いします。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なかなかベストアンサーを決められずすみません。どれも本当に参考になる回答ばかりで、本当に助かりました。 皆さま、いろいろ教えてくださり本当にありがとうございました!

お礼日時:5/17 18:11

その他の回答(8件)

0

フェンダーのストラトでボディが赤でヘッドが黒というのは珍しいです。 80年代にはありました。 ストラトっぽいシェイプなら、アイバニーズはヘッドが黒であることが多い 通常はヘッドは木の色かボディと同色にします。 指板が黒と言ったらエボニーで、黒に見えるほどのローズはあまり使われません。 しかしカスタムオーダーであればどんな組み合わせも存在し得ます。 違和感についてですが、正直センスが古いと思います。上記のかぶりますが、80年代のメタルギターのセンスです。

80年代にありそうな色の組み合わせなのですね。 現代の通常は木の色かボディと同色が多いのですね。 けど、カスタムオーダーではどんなものも存在できるのなら、すごく色の組み合わせやデザインの幅が広がるということですね。 詳しく教えてくださりありがとうございます。

0

エボニー指板は黒です。 デザイン上必要でしたら、指板のポジションマークはなくても大丈夫ですよ。

画像
0

エボニー指板なら結構黒いです。 あまり見ませんが着色も可能です。

0

>指板とヘッドの色合いが黒で統一されているようなデザイン 個人的に、指板とヘッドが同じ色は無いと思います。 同じ黒と言っても、指板は、自然な木の質感でこげ茶色的な色で ヘッドの黒は、ペンキで塗装した黒です。 例えば、アニメで黒い髪に、黒い肌で、黒いシャツを着ている人が いたとして、髪の黒と、日に焼けた肌の黒と、 シャツの黒は、質感が全然違うと思います。 下のギターは黒い指板に、黒く塗装されたボディですが 指板の色と、ボディの色は全然違います。 https://guitarhakase.com/wp-content/uploads/2020/05/fender-stratocaster.jpg https://guitarhakase.com/wp-content/uploads/2020/05/fender-strat-head.jpg

エボニーは、いまワシントン条約で輸出入が基本的に 禁止されているので、企業が植樹したエボニー以外 輸出入できません。 現状、超高級ギターでもない限り使われていません。 エボニーの黒は、ペンキの黒と違って、 光を反射してテカることも無いので 質感がペンキの黒とは違います

0

ボディ赤←普通です。 ピックガードは淡く色←普通です。 ピックアップ黒←普通です。 指板とヘッドの色を黒←普通じゃないですが、色を塗るのは可能なので無いとは言えません。

回答ありがとうございます。  指板とヘッドの色を黒にするのは普通じゃないのですね。 一般的にヘッドはなに色になってることが多いのでしょうか?