美術館への提言 かなり評価が高い とある地方の県立美術館があります その美術館が 改修のため 一年間休館になるのですね

補足

質問をよくお読みになられ この質問の趣旨を よく理解されてからのご回答をお願い申し上げます。 はたして このような移送が可能でしょうか?不可能でしょうか? という質問ならば そういうことは難しいでしょう との回答もありでしょうけれども 可能か?不可能か?どうか?というようなことはまったく聞いていません。 この質問も趣旨とは  どうすれば展示できるようになると思いますか? ということですね。 この回答は  はい 〇〇を使えばできるでしょう  とかになると思います。 以上、補足ですね

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます 感謝します

お礼日時:5/12 8:20

その他の回答(7件)

2

・作品を他の美術館との共有所蔵品に変更する ・親団体が同じ美術館の間で移動させる ・「ミニ出張展示」みたいな企画を組む いずれにせよ、予算の問題で難しいかもです。 少ないスペースでは数点しか展示できず、その数点の為に入場料を取ることも現実的ではないので。 むしろ一年あれば修復期間にあてた方がいいのかもしれません。作品にも休みが必要ですので。一年間光にあてなければ劣化も遅くなりますし。

2人がナイス!しています

3

改装だけでもかなりの予算が必要で、何年も前から県の予算を組んで準備しているはずです。美術品の扱いや予算についても同様です。休館中の職員の職務内容も給料も決まっています。 自分のところ以外の美術館に貸与するには、そちらの美術館の予算や予定も関係してきます。 > 今年も来年も予定がすでに決まっているので それはできません… とはっきり言われたのなら、すでに予定が決まっているので、県民が個人的に見たいという理由だけでは、予算や予定を覆すのは無理ではないかと思います。県や官公庁の予定には、信じられないほど沢山の書類や許可を取る必要があります。 仮に県の職員が「良いアイデアだ。やっみよう」と思ったとしても、決まった予定を変えて予算を組むのに、何人の人を巻き込んで、法的に許可の出た予定を変更しなくてはならないか…。(ある県の仕事を少ししたことがありますが、県に提出した予定や資産に関しては、頭ガチガチに法律を守ろうとする姿勢に感銘を受けた事があります。) 政治家か?皇室か?外国の要人か? 凄い人がどうしても見たいと言えば変わるかもしれませんが、その人を連れて来れますか? また、その人たちも決まった予定は大切にする立場をわきまえている方々なので、美術館に個人的な希望を言い出すとは思えないのですが…。 休館になる前にもう一度、見て楽しんでおいてはいかがでしょうか?

3人がナイス!しています

はい。権力を使えば法を曲げて可能になるかもしれませんね。 県民から苦情が起こるかもしれないので、お勧めはしませんが…。

2

そこにはスペースがあるので・・・と言っても、そのよその美術品の為に一年間そこのスペースが使えなくなりますし、その美術館には美術館の予定が決まっているはずです。 それにその為に莫大な予算が必要になりますし、それをやって採算が取れる保証もありません。 どこの美術館も基本的には赤字経営で、公立の美術館の殆どは企業に経営を委託してますから、儲からない事はやらないですし、そんな義理もないでしょう。 美術館の改修は5年くらい前から予定を決めるのが普通で、既に様々な予定は決まって予算も組んでいるわけです。美術品をひとつ動かすにも大勢のひととお金が掛かります。

2人がナイス!しています

6

たとえ一点でも輸送、セキュリティ、保管、展示、、、予算が必要でしょう。 それを組むのには、何年前からの段取りが必要では?

6人がナイス!しています