黄砂は何故日本列島を覆う形で広がるのでしょうか?

画像
補足

ご回答ありがとうございます。偏西風が上下するという追加記載に納得関心しました。たまたま列島直撃するときだけニュースになるということですね。 無知なので追加で教えてください。 偏西風が列島の近くを通過する理由はあるのでしょうか? 日本列島と北米の間の広い海上で北上すれば良い気もするのですが。

気象、天気32閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

偏西風は、大気の大循環のうち、「フェレル循環」と「ハドレー循環」、および「フェレル循環」と「極循環」の境界付近で最も強くなります。その最も強くなる緯度に日本列島があるのです。 ただし、日本列島上を吹く偏西風の緯度も、夏は北上し、冬は南下します。また同じ季節の中であっても、蛇行により絶えず南下と北上ほ繰り返しています。その蛇行の動きの中で、偶然にも昨日や今日は日本列島の上を偏西風が吹いているのです。 >日本列島と北米の間の広い海上で北上すれば良い気もするのですが。 もちろん、海上でも陸上でも、どこででも北上と南下を繰り返しています。偏西風の蛇行の並は南北だけではなく、東西方向にも移動します。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

写真掲載までして解説ありがとうございました。 よく理解できました!

お礼日時:5/16 0:10

その他の回答(1件)

4

黄砂が何故日本列島を覆う形で広がるのかは、黄砂は偏西風で運ばれてくるので、偏西風がこの時期西から日本列島を覆う形で流れているためです。 そのためこの時期に台風が来ると日本に近づいたり上陸します。

4人がナイス!しています

偏西風は季節によって吹いている位置が変わってきます、ですの大陸で大きい黄砂が起こると日本列島特に西日本に来ること多いです。 偏西風が列島の近くを通過する理由は気圧配置で変わります、ですので夏は北の方を通っています。 日本列島と北米の間の広い海上で北上すれば良い気も確かにしますが、そんなに都合よく行きません、台風も偏西風で急に曲がって日本医来るので、偏西風を操作できれば良いと思います。