Canonのミラーレス用の単焦点レンズEF-M32mm F1.4 STMの手ブレによる撮影について質問です。

デジタル一眼レフ | デジタルカメラ37閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。 参考にさせていただきたいと思います。

お礼日時:5/9 14:18

その他の回答(5件)

0

元EF-M32mmユーザーです。 開放絞り値が小さいこのレンズは野外限定ではそれなりのシャッター速度が出るので手振れは無いです。 しっかりした撮影姿勢で撮影したら室内でも手振れは殆どしないです。 一眼レフの広角〜標準レンズでも手振れ補正機能は内蔵されていません。

0

換算焦点距離50mm単焦点に手振れ補正ついてないのとか当たり前だったし一眼レフにも手振れ補正はなかったです 手振れしないシャッタースピードで撮ればいいんです 何の問題もなく撮れますよ ボディ内手振れ補正がついている機種ならそこから数段シャッタースピードを落とせるということです あった方がいいですが別に無くてもという事です 仮に手振れ補正があったとしても許容できるシャッタースピードを下回ればブレます 人物を撮影する場合はそもそも撮影される人が微動だにしないという事が出来ませんよね なのでそこまでシャッタースピードを落とすことはないです 暗めの部屋で料理などの動かないもを撮る場合は手振れ補正により数段明るく撮ることが出来ます

0

しっかり構えて撮ればほとんどの場面で手ぶれの心配はないでしょう。 手ぶれ補正があれば絶対にぶれないと言うわけではないですから。

0

<<手持ちによる撮影では手ブレの頻度が高かったりするのでしょうか…? あなたが手ブレしないシャッタースピードにすれば、手ブレはしません。 まずは、ご自分の実力を掴みましょう。

0

三脚を使いましょう。ポートレイトだろうと小物の撮影だろうと風景だろうと写真の基本は三脚です。とくにF1.4のような被写界深度の浅いレンズは三脚が必須です。初心者は三脚を嫌います。だったらF1.4のレンズは諦めてください。手振れよりも体の前後でピントがずれるほうが影響が大きいのです。