回答受付が終了しました

mtgアリーナにて質問です!

回答(2件)

0

このデッキ組みたいとなると ・複色や効果付きの強力な土地がほぼレア ・全体除去などキーとなり得るカードは神話レアに多く ・コンボパーツで強力なものはレア以上だらけ と格安で作れるデッキを模索しない限りコツコツとためてようやく2個ほどのデッキとなるので基本は課金要素ありきです。 またスタンダードの入れ替え時期も考慮していないとやっと構築出来たデッキの大半もしくは全て使えなくなるので本当にお金はかかります。 出来れば自分がこれから構築しようとしているデッキがいつぐらいまで使えるか確認してから収集しましょう。作ってから半年ぐらいしか使えないのにお金や貯めてきたワイルドカードを使うのはアホのすることです。 またアプリを否定したい訳ではありませんが、ギャザは本来極めて優秀な資産価値のあるカードです。あまりアプリにお金を使うのではなく現実のギャザに手を出す方が無駄遣いにならず、古いカードを丁寧に保管すれば破格の値段になることも多々あります。 アプリは所詮データにお金を落としている、せっかくギャザやるならリアルに限るという人が多いと思います。 ネガティブな情報だけでは意味がないので、MTGアリーナのメリットを挙げると ・カードの管理が容易 ・現実と違い複数のデッキに共有カードがあっても、使い回しが容易(現実で使い回す時はスリーブの入れ替えやどのデッキに入れてるかなど面倒) ・コロナ禍でも感染リスクなく対戦をしたい人 ・知り合いとの指名対戦可能なため、布教やテストプレイといったことに使いやすい ・いつでもどこでも出来る(運営もここだけは強力なメリットと理解している)から触りやすい 正直課金だけはオススメ出来ないゲームですね、ランク上がればカードだけでなくプレイテクニックも構築力も強いユーザーと対戦させられるようになるだけなので、永遠に課金させられるし自力での構築力ない人が強力なデッキ構築を真似てもプレイテクニックや理解力の差でボコられるので『お金かけても勝てない層と戦わさられる』となります。 ギャザ知らない人とかに布教するのに無料だから触らして、相談してルール構築して指名対戦でギャザに興味持ってもらうまでのツールにするのが一番いい使い道だと思います。

0

そういう仕様という話です。 対戦相手の決定には大体以下のような傾向があるそうです。 ・同じランク同士 ・同じようなデッキ対決はおこりにくい ・連勝してる人は連勝してる人同士、連敗してる人は連敗してる人同士で組まれる ・デッキの値段や強さなどが大体同じくらいになるように組まれる こんな感じだったはずです。