ID非公開

2021/5/9 17:29

33回答

数2 余剰の定理と因数定理の範囲について

画像

数学 | 高校数学12閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

整式でAをBでわったときの商がQ,余りがRだというのは A=BQ+R を満たすQ,R(ただしRの次数はBの次数未満)を探しているだけです。ここには掛け算と足し算しかないのだから,なんの問題もありません。

0

割るときはxはただの文字の恒等式の変形でその後で代入してます。