「考える人」の彫刻家のロダンはミケランジェロの何の作品にどんな刺激を受けたのですか?

美術、芸術22閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

ロレンツォ豪華王の孫にあたるウルビーノ公ロレンツォ像 詳しくは 「メディチ家礼拝堂 ミケランジェロとメディチ家が織りなす物語とは?」 https://trip-s.world/the-medicis-chapel

1人がナイス!しています

失礼、ご質問は『考える人』限定ではなかったですね。 ロダン『考える人』・『地獄の門』の発想源としては、前の方の指摘されたミケランジェロ『最後の審判』と共に、ギベルティの『天国の門』も挙げられます。 https://firenzeguide.net/tengokunomon/ 未完に終わった『ロンダニーニのピエタ』 https://blog.goo.ne.jp/at9071/e/e6e0b307280b685b18f81e8abf149309 は、「未完成」「断片」の美学論では定番の作。ロダンのたとえば『歩く人』と共に。 荒削りな人物表現は、中世に先祖帰りしたよう。 『ロンダニーニのピエタ』をロダンが見ていたかは別にして、一つの精神的な系譜を感じます。