100均のセリアで売ってる「防犯アラーム」の圧電セラミック振動板(白の円の部分)だけ取りだし、

画像

工学 | アマチュア無線173閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

早速の回答有難うございます。 今まで特に気にしなかった疑問ですが、お陰でナゾが解けました。  アラームの圧電セラミック振動板の2本の線は同じ色なので、極性があることも気にしてなかったです。 感覚的に、金属板の面積が広いので、マイナス側?の程度です。    ヘッドホンでは、両耳に音が入ってくるので、やはり音が拡がる感じがしますね。 片方の極性が逆の場合は、音の聴こえ方が違ってくるのでしょうか?  ゲルマラジオは、出力側にインピーダンス変換トランスを入れ、ローインピーダンスのイヤホンやスビーカーを繋ぐ例がありますが、自分ではそれ程音が大きく感じませんでした。  今作っているゲルマラジオは、何故か?トランスを繋ぐ(Hi 側がラジオ出力、Low側がダイナミックイヤホン側)と、音が出ません。 トランスの一次側巻線は、「100H」(200kΩ)ですが、真空管ラジオと同様な考え方は無理なんですかね?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

色々丁寧にご教示いただき有難うございました。 話題は尽きませんが、またご縁がありましたら、よろしくお願いいたします。

お礼日時:5/11 8:53