欧州車の内装のベタつきについて。

カスタマイズ | 車検、メンテナンス20閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございます。 今後もよろしくお願い致します。

お礼日時:5/17 5:59

その他の回答(3件)

0

内装材には、法律で再生プラスチックが使われています。 つまり何回も何回もリサイクルされて居るわけで、樹脂の劣化が早いです。

0

自分は重曹を使いましたが重曹だと外して溶液に漬けられないとなると難しいでしょうねぇ。 小一時間漬けておく必要があります。 仲間内にはマジックリンを使っていた人もいましたが自分は試した事がありません。 加水分解した軟質樹脂を剥がすと地の樹脂の色が全く違うケースもあります。 これやるとそこだけ違う色になってしまいます。

0

べたつく原因は当時流行った革のような仕上がりの弾性塗料が 経年でとろけてねちゃついてくるせいです。 ベタつき取り除く=塗料そのものを引きはがす というのが一般解です。 パーツをバラして水煮するとベタつかなくなるという記述が 散見されますがやってみたことは無いです。 私はシール剥がし+プラスチック消しゴムで べたつきを消しゴムに巻き込んで引きはがしました。