現代では、子どもは高校・大学を卒業し、 就職すれば実家を出て独立するのが一般的ですが、

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

人間が自己中でなかったんです 集団生活につきものはまずルール。 ボランティア精神。行動力。これらははっきりいって思慮的にしんどいこと。 単独生活はそれが著しく欠けるでしょう。核家族化された日本の夫婦 子供にあてはまりやすいのでは。

0

太平洋戦争前後、 食糧難になっている段階では、いなかの農家が儲かった。 機械化されていないころの農業は 多くの手がかかる作業だったので、多くの人が大家族で一緒に過ごすエリアが多かった。 現代の1家族、1世帯の環境が産まれた要因は、 子どもた多く産まれてくる中で、 大都市では、工場が作られていき 集団就職がうまれてから。 集団就職、就職列車というのが大きく動き始めるのは、 戦後の時期。 大都市には、次々と工場が作られ、多くの職人が必要になった。 特に、いなかの子だくさんの家から。 農業中心の地域が凶作になると、家族が食べていけなくなった。 そこで、多くの中学卒業、高校卒業の人たちが大坂や東京などの大都市へ大移動。 これを、集団就職といい。 列車に乗って旅立っていくために、就職列車とも呼ばれました。 都会で結婚相手を見つけて、 高層団地に住んだり、郊外が大規模に開拓されて、 ニュータウンとよばれる、住宅街がつくられたり。 団塊の世代と呼ばれる世代は、多くの人が大学へ通うようになり、 所得倍増計画 各家庭に、テレビ、洗濯機、冷蔵庫が売れる売れる。 子どもたちも、より良い仕事につけるように、高校、大学へと進学するようになっていきました。