ID非公開

2021/5/10 23:58

44回答

選択的夫婦別姓に反対している連中のなかに、選択的夫婦別姓にすると戸籍が破壊されるとか言ってるのがいますが、

その他の回答(3件)

0

同一戸籍同氏の法則があるので立憲などの案は戸籍廃止と同等です。ただ、日本維新の会は戸籍を維持する案を出しています。個人的には戸籍なんてどうでも良いのですが、重視する人も多いので維新案による制度変更が良いのではないでしょうか。 https://twitter.com/adachiyasushi/status/1365648915106648065 https://twitter.com/aono/status/1145171588091748352

0

現状だと夫婦別姓にしたら一つの戸籍に記載できません。筆頭者と同じ氏にするものと決まっていますから。となると戸籍法はもとより戸籍の体裁そのものを変更せざるを得ません。そして変更したら現状の戸籍ではなくなるので、戸籍破壊という理論なのだと思います。 夫婦別姓にするなら欧米風に各個人の出生証明書、婚姻証明書、死亡証明書という体裁にならざるを得ないと思います。

2

戸籍は同戸籍同氏を原則として機能しているからです。 違う氏となった子は親の戸籍にはいられませんし、 違う氏となった親も子の戸籍にはいられません。 子を親の戸籍に入れるためには氏を同じにしなければなりません。 そういった戸籍の基本的な単位が崩壊するからです。 戸籍のような親族関係を明らかにする制度を持つ国は僅かですが、 婚姻制度がない国は聞いたことがありません。 戸籍の無い国にももちろん婚姻制度はあります。 選択的夫婦別姓は「苗字を変えずに戸籍上の結婚をすることが目的」ではなく、苗字を変えずに法律上の婚姻をする選択肢を作ることが目的であるはずです。

2人がナイス!しています