回答受付が終了しました

もう40年近く前の話なんですが、近所に住んでいるおばあちゃんが京都に用事がある毎に、茶団子をお土産で買ってきてくれました。

回答(2件)

0

こんにちは。 宇治の平等院の前にお店を構える「稲房安兼」さんの茶団子かなと思います。茶団子では有名なお店です。 こちらの茶団子は、ご質問にあるような箱に入っており、串にはさされておりません。味も濃い目です。 京都市内では販売されておりませんが、平等院に参拝される機会があれば是非どうぞ。抹茶もなかも抜群の美味しさです。 ★稲房安兼 https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/kyoto/A2607/A260701/26006026/top_amp/%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAY_HnZPfuau_Z7ABIA%253D%253D ●稲房安兼のご近所の宇治駿河屋さんの茶団子も有名です。 https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/kyoto/A2607/A260701/26000039/top_amp/%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAf7Nhp69-vDeVrABIA%253D%253D 串に刺さず、箱に並べるというのは、京都市内ではなく宇治のお店に多いです。 (補足) 京都市内で抹茶の和菓子、スイーツ、お土産が出回りはじめたのは平成の始め頃からです。京はやしやというお店の抹茶スイーツがヒットしてからですので、それほど古いことではありません。昭和の頃は、抹茶団子などは宇治まで行かないと買えなかったものです。

ご返信ありがとうございました。 入れ物は駿河屋さんのような感じでした。 しかし、駿河屋さんの商品は団子は2段重ねなのでしょうか? 私の記憶では一段でびっしり詰まっていたような‥ 宇治の商品に串が使われていないのが多いとの事。 京都市内より前から主流だった事。 なるほど!勉強になりました。 長い年月が過ぎ、パッケージの変更等あるだろうとは薄々感じておりましたが、私と同じく茶団子が好きな方で、昔からの変化をご存知の方がいらっしゃるかな?とご質問させいただきました。 大阪が実家なのですが、帰省する度に新大阪駅や伊丹空港のお土産売り場をみても、やはり京都ではないので種類も無く、豆政の茶団子にしか出会ったことがありません。 是非京都宇治にいってみたいと思いました。 ありがとうございました!

1

この内容では特定不可能だと思います。 いかに京都でも販売している箱や包装が40年前のままというお店は多くはありません。この40年で食品の保存技術が飛躍的に上がったり、コスト削減で包装方法を変えているお店が多いです。包装が当時と違っていればあなた自身も特定できないですよね。 また40年前であれば廃業した可能性もあります。いかに美味しいお店でも後継者がいないなどの理由で廃業しています(例えば「ふたば総本店(出町ふたばはここののれん分け)」なんかも廃業してます)。 こういった経緯から特定することは不可能と思われます。

1人がナイス!しています

ご返信ありがとうございました。 そうですよね!あまりにも年月が経ち過ぎております‥ 私自身も子供の頃の味覚の記憶だけで、もしパッケージが変わっていて食べたとしても気付かないでしょうね(笑) 美味しい物は美味しい!ただそれだけですね! 幸い実家は大阪です。一度美味しいもの探しに京都に出かけたいと思いました! ありがとうございました。