国文法の単語のわけかたで、

日本語 | 高校受験13閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

「見られます」を単語に分けます。 「見る」は み・み・みる・みる・みれ・みろ&みよ と活用します。 この活用表の中に、「見ら」はありませんよね。 ということは、「見る」という動詞は「見ら」とは活用しない、「見ら」にはならないということなんです。 したがって「見」で切ります。 ↓ 「見・られます」となります。 ↓ 「ます」という単語があるので 「ます」の前で切ります。 ↓ 「見・られ・ます」 になります。 【学習のポイント】 下の人が言ってるように、まず活用表を暗記することです。 小学校で九九を暗記したように、文法の基本は活用表の暗記です。 「み・み・みる・みる・みれ・みろみよ」のように、何度も声に出して覚えることです。

1

先ず、動詞を含めた用言の活用を覚えるところから始めましょう。

1人がナイス!しています

1

見…マ行上一段活用の動詞「見る」の未然形 られ…可能・尊敬・受身・自発のいずれかの意味になる助動詞「られる」の連用形。→五段・サ変以外の未然形に接続する。 ます…丁寧の助動詞「ます」の終止形 ・テキストや辞書に載っている活用表を見ることです。

1人がナイス!しています