5月になるとあちこちのお宅のバラを見かけては綺麗だな〜と思いながら、ずっとバラを育ててみたいとおもっていましたが、

画像

バラ166閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

初歩的な質問に対して丁寧に詳しく教えてくださりありがとうございます‼︎ 植えかえの際に少し根を崩してみましたが、ガッチリ固まっていたのであまり崩すことができず、1/3程度崩してそのまま植えました。大丈夫でしょうか。。 不安になってきました(;_;) 鉢を置いているのは南側ウッドデッキの上で、南西の光が多く届くところです。雨は直接あまり当たらないところに置く方が良いですか?水くれの頻度なども教えていただけたら嬉しいです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

何度もご返信頂き、とても丁寧に教えていただきました。感謝しています。 ありがとうございました!!

お礼日時:5/14 1:04

その他の回答(2件)

1

接ぎ口(テープを巻いている個所)は 埋めてはいけない。 イギリスでは 接ぎ口を埋める場合もある それは 乾燥しているから 日本は 湿気がおおいので 接ぎ口を埋めると腐る

1人がナイス!しています

買う時は 店頭で見てすぐ買わない 家に帰り 品種から どのようなバラかを 良く調べてから買いましょう。 ポイント 初心者向け(ですよね) 病害虫に強い 香りがある 四季咲き 背丈は (これは 1.8m) 木立性、半つる性、つる性  http://www.naganorose.co.jp/fs/yvespiaget/gd10388 https://www.delbard-japon.com/2018/03/13/1401/ Guy Savoy フレンチローズ(デルバール):グラン・シェフシリーズ 四季咲き大輪系 作出国: フランス 花色: 赤紫のピンクの絞り 花期: 四季咲き 樹高・幅: 1.8m×1.2m 樹形: 半つる 花径: 8~10cm、大輪 花形: 抱え咲き 香り: 強香

画像
0

ギーサヴォアは寒冷地では育ちにくいみたいです。 私は山のギーサヴォアを東京に移動しようと考えています。 赤い花の形が個性的ですね。