両親が亡くなり相続の話し合いになりましたがなかなか決まりません。長くなると例えば10年とか20年の間に問題があったら教えてください。

法律相談17閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

遺産分割が終わらないうちに相続人が亡くなれば、相続人の配偶者や子供が数次相続人となります。関係者が増えてややこしくしないためには、相続人が全員生きているうちに話をまとめることです。

その他の回答(2件)

1

20年住んでいるからといって長男のものということにはなりません。あくまで登記簿上の所有者のものですから、名義人である母が亡くなったのであれば、相続の対象となるだけです。 また、長男の内縁の妻については相続上は何も関係ありません。というか、法律婚をした妻であったとしても、あくまで相続人は長男本人ですから関係ないです。

1人がナイス!しています

1

不動産は登記上は個人名義ですが、権利上は登記変更されるまでは法定相続通りの割合で共有している形になります。 20年住めば名義がどうにかなるというものではないと思いますが、件の作品を読んでいないので何らかの条件が揃えば可能なのかもしれません。(他の人を行方不明扱いにするとか) 登記変更は法定相続割合通りにするなら代表者だけでも可能らしいです。勝手に2人の共有財産に登記変更しちゃえばどうですか。20年住んだ実績くらいじゃ動かせなくなりますよ。(20年も手を付けられない不動産なんて要りませんけどね、自分なら。) 内縁の妻は戸籍上は他人です。戸籍による繋がりがない以上、法定相続人にはなれません。ただし遺言状により遺贈することは可能です。法定相続人がきょうだいしかいない状態で遺言書を書かれてしまうと、遺留分は無いので全部もっていかれることになります。

1人がナイス!しています