回答受付が終了しました

ID非公開

2021/5/14 23:21

77回答

こんな恐ろしい急落をどのようにテクニカルで判断するんでしょうか? ボヤッとしてたら、@と言う間に地獄の底へ真っ逆さま~

画像
補足

結局は、テクニカルで判断したくても、それ以前に、このような突発的な動きが発生するチャート自体が、テクニカルでは判断できないという事を証明しているため、テクニカルではトレードできない、というのが結論ですよね。 要するに、このような突発的な動きのあるチャートに、どのようなテクニカルを使ってこね繰り返して考えたところで、この突発的な動きがテクニカルなど使っても意味ないですよと知らしめているのだろうと思います。

回答(7件)

0

これって1日か2日分のチャートだと思うんですが。 6ヶ月とか1年とかもっと長期でのチャートも載せてくれないと判断できませんんね。

0

こういう下げを、前もって、予測することは非常に困難なことではあります。掴まりたくはないですよね、誰だって。ただ、テクニカルの使いようによっては、これに捕まる確率を極小化することは可能です。ただ、もしこれが一分足であったら、難度は、かなり高くなります。つまり、あなたの示す写真の下げ幅が10~20銭程度の値幅ならば、これは突発的なニュースがきっかけで発生可能です。よって、予測ほぼ不可能。でもこれが日足であれば、予測可能であるし、防衛可能です。

0

>テクニカルではトレードできない、というのが結論ですよね。 >突発的な動きがテクニカルなど使っても意味ないですよと知らしめているのだろうと思います。 仰るとおりだと思います。 短期トレードは理論上は長期トレードより儲かるはずですが、長い目で見ると長期トレードより儲けが少ないです。 それが、このような値動きによる損失だと思います。 長期トレードは、日足、週足をみてトレードしています。 下落トレンドの中で急落したとしても、 「買い」はトレンド転換点まで待ってから買いますから、 この値動きは意味を持ちません。 逆に買いを持っており、高値更新から急落した場合、 そろそろトレンドが変わると予測できますから、 前回の高値付近まで上がるのを待ってから、買いを決済し、 「売り」で入っていくことになります。 急落、急上昇に一喜一憂する短期トレードでは、 安定した儲けは無理だというのが、私の持論です。

0

エリオット波動では暴落の可能性をある程度予測出来ることもあるようですね。私はエリオット波動に関しては人並み程度なので分かりませんが。 実際にコロナショックでの暴落を事前にエリオット波動で予測している人がいたとか。 まぁ、予測出来ないという前提で、しっかり資金管理をすることがベストですね。

エリオット波動研究所で調べてみてください。 ちなみに、私は暴騰や暴落はおろか、値動きは予測出来ないものだと思っています。

1

>テクニカルでは判断できないという事を証明している それはあるでしょう なのでテクニカル手法も大事だけれど 資金管理がより重要だと思います そのような暴落でストップロスも効かない場合でも 資金を失くさないようなレバレッジ、損失の想定 トータルでの資金防衛が長期でトレードするには必要なのでは

1人がナイス!しています