ID非公開

2021/5/15 14:51

22回答

今年初めから不安感が強くなったため漢方内科にかかり、

病気、症状 | 病院、検査87閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/5/15 16:19

コメントありがとうございます。 以前は加味帰脾湯とリョウケイジュツカントウで、特に問題なく飲めておりかなり不眠等改善されたのでこっちの方が合ってるのかなと思ったりしています。 やはり柴胡加竜骨牡蛎湯が合わないということもあるのですね。 クラシエは大黄が入っていてお腹痛くなり今はツムラになっているのですがそれでも胃腸障害 があるのですね。 2、3日やめて体調みてみることにします。 とても参考になりました!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方ともありがとうございました!大変勉強になりました! まさしく私の症状を教えてくださったので、ベストアンサーとさせていただきます。

お礼日時:5/18 14:33

その他の回答(1件)

1

柴胡加竜骨牡蛎湯も抑肝散加陳皮半夏も肝鬱に対する処方で、気を巡らせる作用があります。この2剤で胃腸の調子が悪くなったのは、先のやり取りからみて、おそらく脾の弱い方に気を流す処方ばかりを使ったからです。気が足りない人の気を流せば脾気を傷めるのは当たり前で、そのようなミスを誤治と言いますが(漢方はオーダーメイド処方なので副作用という概念はなく、証に合わせる腕がないから悪化したと捉える)、漢方内科の先生は証を正しくつかんでいないように思えました。 医師になるのに東洋医学を学ぶ必要はないため、漢方専門をうたっていても腕の良くない病院は多いです。加味帰脾湯もその2剤も効能書きに不眠とある薬なので、舌診脈診、全身状態などを時間をかけて診る先生なのかは気になります(診ても正しく証を取れない先生もいましたが…)。 加味帰脾湯で改善していたならそちらの方がいいかもしれませんが、加味~が熱を冷ます働きを含むのに対し、苓桂朮甘湯は脾陽を補うので寒熱が逆です。もしむくみなどあって苓桂朮甘湯が出されたなら他の処方の方がいいと考えます。脾虚による痰湿などあるかもしれません。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/5/16 10:18

最初に受診したときは耳鳴りやめまい等もあると話したのでリョウケイジュツカントウが処方された気もします。 この前頭痛もちなので頭痛クリニックを受診した際は舌が浮腫んでる?とかで水毒の状態だと言われました。 なかなか漢方は難しいものですね。 リョウケイジュツカントウも腹痛が出た感じがしたので今はやめて抑肝散陳皮半夏になっています。反対の作用のあるものは処方されないものなのですね。 二つとも飲むのをやめてから胃腸の調子は戻ってきている感じはします。