ここから本文です

景気の「底入れ」と言う意味は。

man********さん

2009/3/2116:57:28

景気の「底入れ」と言う意味は。

景気の「底入れ」とは回復への必要な条件だけど、決して回復するを意味しないですよね?。 これがまだ来ていないと言うことは、まだまだ景気は悪化するとも言えるんですよね?

閲覧数:
936
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

n39********さん

2009/3/2117:11:25

3月危機は乗り越えたと言われています。

が、4月に日経平均7000円割れとも言われています。

6000円割れを予想する人もいますし、このまま8000円を超え回復していくかもしれません。

予想は出来ますが、本当に「底」なのかどうか後にならないと誰にも分からないです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

isb********さん

2009/3/2123:55:19

景気にしても株価にしてもそうですが
下落していたものが上昇に転じてからしばらく経過してから遡り
最も下げていた=底
だと判断できるようになって初めて「底入れ」したと確定できるということになります。

「底入れ」したと後になって判断された当の時点では
「底入れ」したと確定できるものではありません。

一時的に下げが止まっても、その後さらに下落局面を迎えれば
「底割れ」になります。

つまり
>景気の「底入れ」とは回復への必要な条件だけど
というよりむしろ回復してはじめて、「底入れ」していたということになります。

グラフで考えればおわかりになると思います。
その後に回復して「U」の字を形成してはじめて
下側の頂点(底の点)=底入れ
になるということです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる