「核のゴミ」問題はどうなったのでしょうか。

原子力 | 政治、社会問題44閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

やはりそうですよね。埋めてから安全になるまで10万年もかかる核のゴミ問題を解決しないで運転したり、新しく作ることには私は賛成とは言えません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

コメントありがとうございました。そもそも石油よりもウランの方が先に無くなるし、廃炉の問題も途方もないし、利権の塊の様な原発は動かしてはダメですね。

お礼日時:6/9 15:02

その他の回答(4件)

0

原発は核分裂のエネルギーで発電しています。酸化反応ではないので二酸化炭素は出さないです。小学校の理科の教科書にも乗っているので読んで勉強しましょうね

教科書というものは政府が公認したものですからウソばかり書かれているのはご存知ですよね ︎ 私はCO2のことはここでは取り上げてないつもりです。CO2問題は存在しないからです。 ポニーさんは核のゴミ問題についてはどう思われますか?

1

核のゴミを加速器で処理する方法は、現実的ではありません。したがって、原発を進める限り、核のゴミはふえつづけます。これに比して、CO2にかんしてば、化石燃料を使う分を、カーボンサイクルにのせれば可能ですが、これもその絶対数が大きいため、実際、行き詰まっています。

1人がナイス!しています

1

「核のゴミ」問題はどうにもなっていませんので、原発の稼働を一刻も早く止め、既に出来てしまった核のゴミを何とかするしかありません。 ただし、「核のゴミ」は加速器を使って少なくする事が出来る可能性があるため、自然エネルギーで大量に電力を発電出来れば、将来的には何とかなる可能性が有ると思いますので、 https://www.riken.jp/press/2019/20190809_1/index.html を見てください。

1人がナイス!しています

確かに画期的な技術ですね。素人の私には仕組みがさっぱりわかりませんが、つまりこれを原発の施設に作って、自ら作る電気でこれを動かせば問題が解決するのですね?