★高卒と大卒・大学院卒で 各々考え方や理解力に大きな差があると思いますかぁ? ①ある ②ない

補足

極論を言ってしまうと②とする場合個人的資質の問題等もあり正反対の見解があるのも理解できます。 論理的な説明を順を追って検証し理解できる人とまるで論理的思考自体ができず良い悪い、正しい、間違いとも判断ができない人、文理解釈する人、論理解釈し方程式を解き正しい解に導ける人とまるでその領域には及ばない人、 例えば少々話が飛躍しますが、判断一つにしても ①最初から×なのだと先入観で否定し考えない人 ②〇でなければ×なのだとして決めつける人、 ③可能性として「〇×=①②③④⑤」といった様々な可能性を示し その何れに該当するのかは実際に検証してみないと「わからない」とする人 勿論学力だけが高いだけで経験が少なく閉鎖的な考え方をする方は居るとは思いますが①は基礎的な思考力が無い人が多く②も一般の方の判断としては多く見かけます③結論としては私自身そこを決めつけない事=思考の余地を残す事が大事だと考えます。 ①か②か③のタイプなのかはどうも学歴にある程度関係するようにも思いますぅ? 学を超えては ④物差しを持っていない =それを測る適切な物差しを持っていない =否定的な解釈になり結果が翻る

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 極一部の大卒、一部の大学院修了者しか出来ない傾向 @そんなもんなのでしょうか? 当時から成績の良い人は沢山居るが、なぜそうなるのか?を考え方程式を解ける人はごく少数に限られるなどとは言われていましたぁ つまりみんな必要以上の事は考えないんです。 余談:近年 tweさんとの対立が見られなくなりある意味退屈でもありますぅ(*^^)v やはり年齢的なモノも影響するのでしょうかあぁ?   私自身中立的な立場を装いつつチ◎◎ちゃんに共感できる部分は 結構ありましたのでぇ 勿論tweさんの言ってる事もわかりますぅ 最近tweさんは私の考え方に批判的なので もう一度今現在のtweさんの考え方を検証してみましたが その考え方ではどうやっても解に偏見が入ってしまいますぅ  以上 個人的なご相談でちたぁー

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんご回答ありがとうございました。

お礼日時:7/2 17:13

その他の回答(9件)

1

学力について言えば 高卒については 大学に行ける学力がなかったのか 大学にいける学力があったけど事情で行かなかった でも違ってきます。 あと理解力については ・論理的な文章の理解力 と ・会話の中で相手の言葉を察する理解力 はまた違ってきます。 例えば知恵袋だと、語彙力の関係でたまに変な文章で 質問してくる人います それを「結局何が知りたいのか」 をわかるというのも理解力の一つです。 こういう「相手の考えや気持ちを理解する力」って 学力より「色んな人と関わってきた経験」の方が大きいでしょうね。 極端な例だと 「あれ買ってきて」と言われて 「あれ」が何かわかるのも理解力と言えます。 質問者さんの言う 「あらゆる可能性を考える」は確かに理解力がないと出来ませんが、 曖昧な言葉を言われた時に何を言いたいかを理解出来るのは逆に 「可能性を狭める能力」でしょうね。 ーーーー まあこの質問で挙げてる「理解力」とは 難しい物を理解する方の理解力でしょうけど。

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 >難しい物を理解する方の理解力でしょうけど @いいえ、そうではありません。 私からすればごく普通の論理的思考や解釈についての話で とあるカテでは①のタイプが大勢居るのは仕方ないとして かなり沈着冷静な方も思考形式が②であるが為帰結が反転 相手の思い込みと判断。 その他論理的思考についても、当人先日も論理的にとか言ってるのですが簡単な論理的思考すらまともにできず、その他丸暗記タイプの先生も大勢おり、問題点すらまともに理解できない方が大勢居ます。 最低限③の考え方をクリアーしていないと ④の説明など不可能です。

0

素質が同じでも学歴が違えば当然違う。 てか、全く同じなら学校に行く意味がない。 難しい事は分からないですぅ。 質問者と同じで自分も中卒なんでぇ。 ま、自分は院中退だけどぉ(^o^)

ご回答ありがとうございます 全く同じなら学校に行く意味がない @私もそれを言いたかったんですぅ まず大きな違いはある一定水準以上の大学の受験に合格した人と 高卒で大学受験勉強をしたことの無い人との間に大きな差があると思いますぅ 大学受験に合格するためには教えて貰った事を覚えるだけでは不十分で常に自分から進んで勉強して解を解く必要があります。 またなぜそうなのか?を考え、そこらで論理的思考する習慣に差が生まれると思います 様々な人達の解を肯定し方程式を解くとその人の考え方というのが見えてきます 人間とはその考え方そのものだと私は思います つまりそのようにしか考えられない=その人だと思うのです。

1

端的に言えば①でもあるし②でもありますし、どちらでもないとも言えます。 本質的には考え方とか理解力とは、突き詰めて言えばその人の「経験」と「知識」とその人自身がもつ「文化的、社会的背景」に根ざしたものです。 なので、学歴によってもそれ以外の要素でも物事に対する理解や発想、考え方には、それぞれ「差」というよりは「違い」が生じます。 なので、大学で一般教養やう専門知識を学んだ人とそうでない人の間には、当然考え方や理解、土台となる認識や感覚に違いが生じるのは当然の話です。 例えば、「友人から借金の無心を申し出られた時」の対応で、「なりふり構わず友人は助けなければならない、それが人としての優しさじゃないか?」とか、そういう価値観はありますし、でも、もっと「法律的に債務を整理して戦える術を提案するのが真の友人だろ?ただ可哀想だけで自滅するのは愚か者だ」というのも価値観ではあります。 法律という概念がない人には後者の価値観は育たず、「ただ、巻き込まれたくないとか、あるいは親身になりすぎて自滅(連帯保証)するか」でしょう。 また、法律は知らずとも、レスキュー(人命救助)の理論を知る人なら、別のもっと冷徹に「自らの腹を痛めることを避けて、自助努力のみを強要する」ような対応をするかもしれません。 あくまで「違い」であってそこに「優劣」があるわけではありません。 そこは履き違えてはいけません。 〉①最初から×なのだと先入観で否定し考えない人 人間の本質としてはそれは自然な姿です。 結局、人間は自分が経験できた範囲、理解できる範囲、知覚できうる範囲でしか現実を認識できません。 センサーを持たない人は、そういう感覚や現実が自分の体験とか知識に関係なく存在することすら想像できないってことです。 ガリレオの言葉を借りるなら、「(人がどう考えようと、判決がどうあれ、誓約書に何をサインしようと)それでも地球は回ってる」と言うことですが、まあそれが愚かさなのかと言えば、「天動説」というのは当時の「最新の科学的知見の主流」だったという話にすぎません。 同様に今の「地動説」も「う現在の科学的知見の主流」というだけで、「数学的には美しく説明できる」ことで支持されているだけです。 数学的に計算した結果、月やら木星やらに探査機は飛んで行けたという事実が残るのみです。 誰も直接太陽系の外側から、映像を捉えた上で証明した人はいますん。 「天動説」が復活する余地はそれができるまで、否定できない可能性も十分にあります。 〉②〇でなければ×なのだとして決めつける人、 いわゆる二元論ですね。 これは学歴よりも、「文化的、社会的な背景」のほうが強く影響すると思います。 ゼロイチでは判断できない世界もありますけど、元々、人間の本質は「情報に操られる生き物」です。 それが「正しいという情報」さえ有れば、どんなに不道徳だとしても、どんなに不合理であっても「殺し合い」すら抵抗なくやってのけてしまう生き物です。 ちょっと前に跳梁跋扈した「自粛警察」みたいな人をみれば簡単に分かる話です。 ③可能性として「〇×=①②③④⑤」といった様々な可能性を示し その何れに該当するのかは実際に検証してみないと「わからない」とする人 ある意味それも理屈は通っていると思います。 だからこそ、量子計算機みたいなものにも需要があるし、アメリカなんかはシミュレーションが大好きなわけですよね? そして、検証するということは科学的に物事を捉えるには必要なアクションですね。 それがダメだとなると逆に論理的思考とか賢さとか言うよりも「オカルト論」と言うべきだと思います。 もうそこまでいくと柔軟な思考というよりも最早「何でもアリ」じゃないですか? 「自分だけが正しいとは思うな」とはいうけど、結局「自分が絶対に正しい」と簡単に思い込める人の方が「この世は生きやすい」んじゃないかな?とか私は思います。

1人がナイス!しています

流石は くりすたるRさん 本質を突いた内容の回答ですねぇ センサーを持たない人についてはもうどうしようもないですね 私の現実は全て否定的に理屈付けして説明しますから まあ単なる「違い」である事は十分に承知しているのですが、 判断結果を誤ってそこに理屈付けして尤もらしく説明するという行為は 私からすれば正しい判断力の欠如=劣るという解釈になってしまいますぅ それが重要な事であれば猶更ですぅ 余談ですが天動説にしろ地動説にしろ、量子の世界観で見つめれば 逆転するのではぁ?とか思う事は多々ありますぅ 自分が絶対に正しいの思い込みは結構いいところまで登りつめれるんですよねぇー まあ我儘放題に生きるというのも魂の世界からみれば善い事なのかも知れませんねぇ~!