回答受付が終了しました

ID非公開

2021/6/5 18:08

66回答

自衛隊の火力支援が旧日本軍以下と話している方が居たのですが本当ですか?

歴史 | ミリタリー67閲覧

回答(6件)

0

今でこそかなり削減されましたが、世界的にみても 自衛隊の砲火力の密度と投射力は高いです。 冷戦期にはソ連軍の砲兵力が世界一と言われていま したけど、国土の狭い日本は数こそ少なかったですが、 密度的には自衛隊の方が高かったです。

0

見方によってはマジですよ 陸上自衛隊は歩兵(普通科)用銃火器が5.56mmに統一されてしまっており、7.62mmの火器を最前線に配備しておりません 加えて旧軍には重擲弾筒が配備されていたわけですから、中隊以下の火力に関しては自衛隊の負けと言わざるを得ません

0

それは無いですね。 旧日本軍はまあ沖縄戦みたいなのは除いて、基本的に火力支援がいい加減です。 38式野砲数発撃って終わりですからね。 なんでかって言うと、単に砲門生産数が少ない上に機動力もなく、運搬が大変だからです。 一方で自衛隊は、150mm以上の自走砲を多数有し、戦闘ヘリや地対地ミサイルも有します。 差が歴然です。比べるまでもない

0

旧日本軍は「元亀、天正の装備で戦わされた」と言われるので、それ以下はありません。