n8yと申します。 映画ファンのみな様にご質問です。 あなたが推す“ヘンテコな外国映画”を教えて下さい。 5本以内でお願い致します。

外国映画 | 映画335閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

uraさん、こんばんは。 一読してハテナ?・・ 熟読してなんだこりゃ?! そうなりますね。(^_^) ファイナル・カット(最終的な編集の権利)でプロデューサーと監督が揉める話(正確には代理人同士が交渉)は映画雑誌などでいろいろ読んできましたが、これは酷いですね! プロデューサーが同じだとしてもあり得ない! 制作会社が潰れて債権者(素人)がやらかした? どれだけ酷いか観たくなりますね! 関係者のインタビューを収録したブルーレイが出たら絶対買いますよ!(^_^)

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、ご回答ありがとうございました! たくさんのヘンテコ映画を教えていただき感謝しております。 頑張って観ていきたいと思います。(^_^) 「大砂塵の男」というトンでもない珍品映画をご紹介くださったuraさんにベストアンサーを! 先ほど新しい質問を投稿しました。 “n8y世間の評価がいまいちな日本映画”で検索していただければ出てくると思います。 よろしくお願い致します。

お礼日時:6/14 1:20

その他の回答(15件)

0

『ウイークエンド』(1967 仏/伊) 『黒猫・白猫』(1998 仏/独/ユーゴスラビア) 『ハッカビーズ』(2004 米) 『ブラック・ムーン』(1975 仏/西ドイツ) 『マルホランド・ドライブ』(2001 米/仏) つまらない回答かもしれませんが…。

hijさん、こんばんは。 「ウイークエンド」一番好きなゴダール作品です! 政治的な映画ですが、いろいろ遊んでいて楽しめる作品でした! 「黒猫・白猫」面白かったのですが・・・ 前作『アンダー・グラウンド』と比較すると元気が無いですね。(^_^) 音楽が良かったのでサントラ盤を買ったのですが、一度も聞かずに行方不明になってしまいました。 「ハッカビーズ」未見です。 キャストが豪華ですね! ブラックコメディみたいなので観たいです。(^_^)

0

アッバス・キアロスタミ監督: 『クローズ・アップ』 ゴッドフリー・レッジョ監督: 『コヤニスカッツィ』 ご参考まで。

もっぷさん、こんにちは。 「クローズ・アップ」ヘンテコな映画でしたね。 ドキュメンタリーであり、フィクションでもありました。 この作品あたりからキアロスタミ監督は“円熟”した映画を撮るようになりましたね。 「コヤニスカッツィ」ヘンテコだけどなんか凄いなと。 膨大な映像の情報量の多さと、スローモーションやコマ落としのモンタージュに頭がクラクラになりました。カッツィ三部作はどれも好きですが、こんな映画を作って元が取れるのかな?と余計な心配をしながら楽しく観ました。(^_^)

1

好きな映画が結構出てますので、被らないのを挙げておきます。 「イレイザーヘッド」 「エレファントマン」が(お涙頂戴映画として)大ヒットしたお陰(?)で、ロードショー館で上映された、デヴィッド・リンチの自主映画であり商業デビュー作。大きな劇場でこんな変な映画を見られるのか、と、子供ながらに興奮して見ました。上映中に、とあるシーンで小さな悲鳴を聞いた映画でもあります。 https://www.youtube.com/watch?v=05hz7dJjYB8 余談ですが「エレファントマン」は4Kリバイバルで見て、綺麗になった映像もさることながら、リンチ特有のノイズ含みの音響がクリーンナップされてたのに感激しました。シネコンの綺麗な音で聞くリンチは格別でした。 「サウスランド・テイルズ」(SOUTHLAND TALES) 「ドニーダーコ」で一躍カルト映画作家となったリチャード・ケリーのメジャー(?)映画。オリジナル脚本で、案の定ハチャメチャな映画になりました。この失敗でリチャード・ケリーはしばらく干され、原作付きで「運命のボタン」をやはり自己流アレンジの脚本でハチャメチャにして、完全に第一線から消えちゃいました。 https://www.youtube.com/watch?v=sY8yQ9K3yt4 「スーパー変態ハネムーン 花婿はヘンな人」 アメリカで孤高のアニメーション作家、ビル・プリンプトン(bill plympton )の唯一の長編アニメーション映画。DVD化は奇跡だと思いました。中身は「フリッツ・ザ・キャッツ」のようなアダルト向けヘンタイアニメーション。奇怪なイメージの連続です。 ※「スーパー変態ハネムーン 花婿はヘンな人」 https://www.youtube.com/watch?v=4FhqyrbxUS4&t=1395s ※「フリッツ・ザ・キャッツ」 https://www.youtube.com/watch?v=YburDCKFgpI

1人がナイス!しています

hanさん、こんばんは。 リンクをありがとうございます。 「イレイザーヘッド」まあまあ好きです。(^_^) ヘンテコだけど映像は美しくてグロテスクなのがいいですね。 「サウスランド・テイルズ」うーん・・・ この映画は観てみないと分からなそうです。 もうキャパオーバーなので・・・

0

未来世紀ブラジル(オリジナル版) 2001年宇宙の旅 夢のチョコレート工場 シャイニング 天才マックスの世界 他にもあるスが、とりあえず 蛇足ながら、千と千尋はヘンテコだと思ったス。

hey_hachirouさん、こんばんは。 「未来世紀ブラジル」面白かったです。 初公開バージョンしか観ていないのですが、オリジナル版があるのでしょうか? そういえば読んでいませんが『バトル・オブ・ブラジル』みたいなタイトルの、この映画でのトラブルの顛末みたいなのを書いた本がありましたね。 「2001年宇宙の旅」体感映画として楽しめました。 高校生の時に初めて観たのですが難解に感じなかったです。 ヘンテコで優れた映画だと思いますが、面白くはないですね。(^_^)

0

n8y さん、こんばんは! 今回のお題、珍しく他の方とは被りませんでしたw.. ★『エヴォリューション』2016年/仏,<監>ルシール.アザリロビック = 少年と女性<母親>しかいない, 架空の島.. ある夜, 主人公の少年が 謎の行動をとる母親の後をつけていくのだが.. ジャンルは ホラー作品 だが, その映像美とほのかなエロティズム<少年の心の葛藤は, 伊監督; ダミアーノ.ダミアーニの名作『禁じられた恋の島』を彷彿させる>が、 他のホラー作品と一線を画すという意味で, ヘンテコだといえる.. ★ 『焼け石に水』2000年/仏, <監督> フランソワ.オゾン = 同監督作品は, ヘンテコが多いが本作はその極めつけともいえる.. ジャンルはコメディに分類されるが, ラストはかなりシリアスである。 <結局どっちなんだ,とお怒りの諸兄へ!, この分類ができないからこ そヘンテコなのである> ★『ベルリン天使の詩』1987年/独, <監督> ヴィム.ベンダース = ご存じ同監督の上位にくる名作であるが, 天使 <中年のおじさん に擬態するのもヘンテコであるが> が、サーカス団のブランコ乗り の少女に思いを寄せるため, 当時「壁」<壁は本作公開2年以内に 崩壊する> により分断されていた ベルリンに降り立つのだが.. 現在ドイツでは「壁」の存在を知らない者が, 32歳の社会の中堅と なっているが, 後数十年で本作もヘンテコ映画の仲間入りとなるこ とは必至であろう.. ★『女と男のいる舗道』1962年/仏, <監督> J-L.ゴダール = ヌーベルバーグ<旧体制,撮影方法を打破する>の巨匠であった 同監督が, 本作では 旧体制の作品『裁かるる,ジャンヌ』1928年, 監督; カール.ドライヤー, を劇中で使用、 物議を交わしたのであ るが『~ジャンヌ』は公開当時, カトリック教会の圧力で改変され たといわれており, ゴダールが 何かしらの共通点を認めたからで はないか..?, 真意は不明だが、この演出だけはヘンテコである.. ★『8 1/2』1963年 / 伊, <監督> F.フェリーニ = 本作の内容は割愛するが、同監督の作品ではヘンテコである.. 本作を境にして作風が変わった,と多くのファン・評論家は認めて いるのだが..?, <異論・反論をお願いします> が