国際結婚=配偶者ビザの取得

ビザ | 海外生活49閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

国際結婚すると、配偶者ビザをとる資格が得られるだけであり、イコールではありません。 国際結婚の後、ビザを切り替える必要があります。 でも、もう既に在留資格を持っているなら、わざわざ切り替えなくてもOK. 今のビザを持ったまま、期限がくれば更新をすれば良いでしょう。 しかし、国際結婚した私の見解では、ビザの中でも一番規制がなく最強と言われている配偶者ビザを取らないなんて、なんで?と思います。。

0

ビザには 日本人と外国人なら日本人の配偶者等 外国人と外国人なら定住者や永住者の配偶者等などあります 日本人の配偶者等をわざわざ申請しなくても別の在留のまま在留するのも可能ですが、就労ビザや留学ビザだと労働制限があったりするので一般的には日本人の配偶者等を申請します ちなみに今コロナで再入国制限されていますが、日本人の配偶者等なら再入国できますよ

0

外国人労働者に携わってまいりました、中国嫁の日本夫です。 結婚するだけでは、在留資格の取得にはなりません。 結婚しても、在留資格の取得が出来ずに離婚されたかたも居ます。 勿論職業での在留資格を持って、そのまま永住申請して、永住資格を獲得された方も居ます。 どのような状態かと言うと、仕事による永住資格を獲得するのに、11年以上の日本在留年数が必要ですが、間もなくそちらが近い方です。 日本で7年以上過ごされており、職務としても安定しており、11年経過して永住資格を獲得した方が良いであると判断した場合には、こちらの方が、永住申請に良い結果が出るでしょう。 例えば、永住資格をすでに持っている場合は、全く変更する必要も有りません。

0

国際結婚して配偶者ビザを取得する人もいるし、就労ビザのままの人もいます。うちは主人がイギリス人ですが、今は配偶者ビザにしています。就労ビザのままだと、転職したときに会社にお願いしてまた就労ビザを取得しないといけないので。

1

既に就労ビザで日本で働いている外国人と結婚しました。 1. なりません。 2. あります。 就労ビザのままでも問題ないです。職場が更新の度に就労証明書などを書いてくれれば。 うちは結婚後は配偶者ビザに変更しました。転職の際、制限がなくなるので。 何かしらのビザがないと、結婚していても日本にずっと住めません。配偶者ビザの取得は手続きが結構面倒です。

1人がナイス!しています