追越し禁止の標識について

交通、運転マナー | 運転免許42閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0
画像

その他の回答(4件)

0

>道路のあちこちで追越し禁止の標識を見かけますが、補助標識がない場合は 君が言っている「追い越し禁止の標識」は「追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止の標識」だな。だから補助標識が無い場合は、はみ出さなければ追い越しOKだ。 >ただ現実的に片側一車線の道とかで、はみ出さないで追越しができる場所 追い越される側が原付など二輪の場合、そして二輪同士の場合を想像してみ。 >また標識がない場合、 >道路標示で言えば中央線が黄色は絶対だめ 違うよ。黄色の中央線も上記と同じく「追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止」だ。 >白の実線ははみ出さなければ良い訳ですよね まあ、そうなるね。白実線には追い越しに関する規制の意味は無いんだけど、白実線は追い越しのためにはみ出さないで済むだけの道路幅(6m)があるところに引かれてる。追い越しなどは「そのはみ出し方ができるだけ少なくなるようにしなければならない」となっていて(道交法第十七条)基本的に車両は道路の左側寄りを通行することになっているから(道交法第十八条)結果的に「はみ出さずに追い越しできるんだからはみ出しだらダメ」ということになるっていう理屈だな。片側2車線以上の道路なんかが典型っていえるんじゃないかな? ##「"左側寄り"ってどこだよ?中央線より左ならいいんだろ?」っていう気もするし実際にはそうやって走ってるし道交法にもはっきり書かれていないけど、でも免許の試験で左を空けて走ったら免許貰えないね。どこかに道路端からの距離が定められているのかなぁ?軽車両に対しては道交法で「左側"端"」って規定されているから余計に曖昧に感じるんだよな。また、追い越しなんかははみ出しを少なくすることよりも十分に間隔をとったほうが安全だと思う。対向車が無いことなどは当然のこととして。 白の破線も実線と同じく追い越しに関する規制の意味は無いんだけど、幅がない道路、通行帯が無い道路なんかに引かれているね。走り方は中央線が無い場合と同じなんだけど中央をはっきり示したものっていう感じかな。 >運転規則って違反になる事でも本音の建前で見逃される部分もあり不思議で そういう感じはあるね。取り締まる警察官だって全てを正しく理解できているとは思えないし。

0

おっしゃるとおり,下に「追越し禁止」の補助標識がなければ,はみださない追越しは可能。 中央線の黄色実線も同じ意味で,二輪車同士の追越しでよく出る話題です。 白実線は要注意で,交差点前後など追越しそのものが禁止された区間に引いてあるケースが多いですから,はみ出すかどうか以前に追越し自体をやめといたほうが良いと思います(明らかに追越し可能と確信できる場合を除く)。 白破線はもちろん,「右側の見通しがよく,かつ,対向車を妨げない場合」ならはみだし追い越し可能なので,適切な判断の上でやっちゃって構いません。