小学3年生の息子ですが、学研にプラスアルファで、何かした方がいいかなと思い、検討中です。

小学校42閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます^_^ カラーで子供も興味を示したのがポピーだったので、試しにポピーをしてみることにします。

お礼日時:6/14 7:25

その他の回答(1件)

0

もう「教材の追加は絶対」とお考えなのですか? それとも冒頭にある通り「何かした方がいいかな」ということなら、後退する方向の検討もおすすめします。 学校のテストは、本来は、外部の支援サービスなどに頼らずとも100点とれるようであるべきものです。 学研で自信がついてきたなら、次に目指すべきは、それが無くても勉強できるようになることです。 市販の教材だとか公文だとかって、食品に喩えるなら、安いサプリメントのようなものです。 小三の段階からそんなものにどんどん頼っていては、この先、キリが無いですよ。 だいたいは、いまの世の中、お勉強できない子(や親)があまりのも多いので成り立っている商材です。お勉強できる子向けに商品開発しても、マーケットが小さいですから、儲けに繋がりません。 それに、はなから「お勉強できない子向け」と捉えるにしても、出来の悪い、かえって害悪になりかねないような設問も多いです。 もっとも、それは小学校で使っているテストも同じで、一般には「100点くらいは取れないと心配」という程度の安易なものではありますが、一方で作問の不具合から「本当は100点取れるのはおかしい」というモノも混じっています。 そのような不具合に気づけない程度の小学校教員も増えていますので、さらに厄介なのですけど。