電気工事士第二種の技能試験の持ち込める道具について教えてください。

資格 | 工学39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

腰袋の使用や直接ケーブルへのメモがOKとはまったく知りませんでした。 白コンブと黒コンスイも少し練習してみます。 ありがとうございました。

お礼日時:6/13 21:51

その他の回答(3件)

0

試験場の座席や机は 会議室等に良く使われる3人掛けの長い机で 配置は両端に1人ずつ着席で 2人になりますのでとても狭いです。 ※奥行:約40cmで 幅:80cmになりますが、 椅子に座ったままの作業になります。 作業スペースが広くする為には、 自分は第二種電気工事士技能試験の 当時は工具を入れた 腰袋を身に付けて作業してました。 カットした配線ケーブルに 番号を書き込んだマスキングテープを貼ると 余計に手間がかかって 時間がロスの原因になりますので、 マスキングテープを持ち込まない方が無難かと思います。 ケーブルに直接ボールペンや 油性マーカー等で 番号を書いても失格にはなりません。

0

問題はないです。 腰袋を使った方が机は広いとは思います。 マスキングテープでも問題はないですが、剥がし忘れると失格です。 マジックで書き込んでもokです。 コレは消さなくても失格にはなりません。

0

工具入れに凝るなら腰袋にした方がいいです。 マスキングテープに番号? そこで小細工するより、そんなもの貼らないで工作できるようにしたほうが時間短縮になるよ。