アネスト岩田の3相のレシプロコンプレッサに汎用のインバーターをつけて

補足

質問の真意はロータリやスクリューだと静かですが価格が高く大きいものしかない。レシプロも防音型だと静かですが起動時の振動と騒音さえなんとかなれば定格回転中はそれほどうるさくないから我慢できる。だから起動時だけインバーターを効かせられないかと思いました。

工学27閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

その他の回答(2件)

0

実行上は、時間との闘いです。 インバーターによる動力回転制御は、回転数の3乗に比例してトルクが落ちます。 50Hz基準で言うと、25Hzにした時の動力性能は1/8になる。 コンプレッサーは、起動トルクは微細なので問題になりません。 圧縮が進むに従い動力負荷が大きくなります。 商業用コンプレッサーであれば、圧縮負荷が変わらない様に構造処理してますけど、単純構造のレシプロは、そこまで完璧では無いです。 ですので負荷出力が最大の時に、動力が1/8になるとオーバーロードです。 ただまあ30秒とか60秒程度なら、インバーター側がコンデンサーを痛めながら耐えるかもしれない。 0.4kw動力に、1.5kw用インバーターを使えば遥かに時間は延びます。 設定時間と負荷率との闘いです。

インバーターに設定搭載されるトルクブーストは、強くすると逆効果です。 設定は最弱にして下さい。 やって見ると判りますけど、インバーターへの負荷が増大して飛びまくります。 この場合には、標準設定されているブーストを下げて設定すると良化します。

0

出来ると思います。 インバーターが開発された目的は、周波数を任意 に変える事によって三相モーター の回転速度を 制御するためです。 加減速も同様に自由に選定出来ます。 但し、インバーターのは起動トルクが小さいと言 う弱点があります。 コンプレッサーやポンプは起動時の負荷が大きい と言う特徴があります。 と言う事で、インバーターを1ランク上にしたり、 低速域のトルクを発揮出来るベクトル制御の方が 確実になります。 また、単相入力のインバーターはこの辺りが不利 になります。 問題無く動くとは思いますが、トルクブーストや 周波数をジャンプさせる等の設定は必要になると 思います。

何処にしても起動時さえ乗り越えるかかりま すどうかになります。 トルクブーストで起動時のトルクを上げて乗 り越えるか。但し、上げ過ぎるとエラーが出 てしまうので、試すのが確実です。 (必ず逆効果ならその様な機能はありませんので。) ジャンプ周波数と言うのは、一気に5〜10HZ に上げるとエラーが出たり肝心の低速になり ませんので、試すのが確実です。 何処にしても、初期設定で加減速と運転速度 の50、60HZだけで動けばそれだけで良いと 言う事です。