ID非公開

2021/6/11 11:53

44回答

著作権について。 マンガなどで具体的に表記されると著作権が発生するけれど、キャラクター自体は著作権が無いんですよね?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

>ただ、キャラクターがその著作物に直接ならないというのが良くわかりません。 単純に人代・人型に【創作性】が認められないだけの話だよ… つまり、人外なら、まだ創作されていない可能性があるけどw 人は、既に(神様が?自然が?)創作されて キャラクターは、それらのパターンの組み合わせでしかないと言う事 >マンガで描いたら同じ構図があったらダメ これは【コピーやトレース・模写】などがNGと言うだけで>複製権の侵害 構図には何ら権利が無いので、同じでも、似ていても問題ないよ? この辺も著作権の基本中の基本です。 >みたいな解釈の基準が明確なのかが不明です。 それは、【貴方の知識が足らなすぎるだけ】の話で 法令や判例で明確にされているよ? まぁ、明確にされていない事(主に法改正によるまだ判例が無いもの)は、判例待ちかなぁ

その他の回答(3件)

2

いわゆる「ポパイネクタイ事件」「ポパイ」著作権侵害第3事件の判決に、非常に興味深い事が書いてあるわけです。 この手の判例の元になるものですね。 http://www.u-pat.com/h-3.html この判決、というか、法律で言うキャラクターとは、「水兵帽をかぶり、水兵服を着、口にパイプをくわえ、腕にはいかりを描いた姿の船乗り」と言った、役柄、性格、容姿等のことです。絵柄やイラストそのものではありません。 絵柄やイラストそのものは、ちゃんと著作物として扱われます。 『これによれば、本件図柄一に描かれている絵は、第一回作品の主人公ポパイを描いたものであることを知り得るものであるから、右のポパイの絵の複製に当たり、第一回作品の著作権を侵害するものというべきである。』 つまり、ご質問の様な「誰が見てもルフィ」と判る様な、絵柄・イラストとして表現してしまえば、それは特定のコマの複製で無かったとしても「第一回作品の著作権を侵害」と判断されます。 コミケなどの二次創作同人誌はまた別の話。よく「黙認」とか言われますが、公式にガイドラインを公表し許可している権利元も、大変多いですよ。 現在コミケなどで二次創作がにぎわっているジャンルは、大抵ガイドラインの範囲で許可されています。 ブロッコリーのガイドライン https://www.broccoli.co.jp/guideline/ けものフレンズプロジェクト https://kemono-friends.jp/guideline/ ピアプロキャラクターライセンス https://piapro.jp/license/character_guideline 東方プロジェクト https://kourindou.exblog.jp/14218252/ 勘違いしている人が多いですが、 著作権=禁止 ではありません。 著作権=権利 であり、権利元はその著作物をどう扱うか、二次創作をどの様に許可するかを決める事もできます。 また、著作権侵害は「親告罪」ですから、被害者からの訴えが必要。訴えも無いのに、コミケに突然警察官が、などという事は起こりえません。 まあ、とは言え、二次創作サークルも度が過ぎれば、コミケから追放されたりとか。ままある話です。 全ては、権利元の手のひらの上での話でしかありません。 二次創作とは、権利元の手のひらの上で、遊ばせて頂いている訳です。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/11 21:46

『誰が見てもルフィならアウト』の場合、どれくらいの特徴を照らし合わせるのでしょうか。 例えば有名キャラ達の特徴をそれぞれ1つだけ引用し組み合わせただけで、自分では全くオリジナル要素を考えなかったキャラでもオリジナルとして容認されるんでしょうか? (マジンガーのロケットパンチとアトムのジェット噴射で飛べる脚部、ガンダムのアンテナに鉄人28号のフォルムを兼ね備えたロボット、みたいな) 変な疑問ですみません

0

最高裁判決は「具体的な漫画を離れ、右登場人物のいわゆるキャラクターをもって著作物ということはできない。・・・著作権の侵害があるというためには連載漫画中のどの回の漫画についていえるのかを検討しなければならない。」 著作権(copyright)=コピー権 つまり幼稚園児のキャラクターの似顔絵などは著作権侵害にならない。著作権侵害は漫画のシーンをコピーに適応する。 著作権(コピー権)侵害になるのは完コピである。 ポパイネクタイ事件 https://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=54776 法廷名  最高裁判所第一小法廷 判決年月日  平成9年7月17日 裁判要旨  一 漫画において一定の名称、容貌、役割等の特徴を有するものとして反復して描かれている登場人物のいわゆるキャラクターは、著作物に当たらない。 「1 著作権法上の著作物は、「思想又は感情を創作的に表現したもの」(同法二条一項一号)とされており、一定の名称、容貌、役割等の特徴を有する登場人物が反復して描かれている一話完結形式の連載漫画においては、当該登場人物が描かれた各回の漫画それぞれが著作物に当たり、具体的な漫画を離れ、右登場人物のいわゆるキャラクターをもって著作物ということはできない。けだし、キャラクターといわれるものは、漫画の具体的表現から昇華した登場人物の人格ともいうべき抽象的概念であって、具体的表現そのものではなく、それ自体が思想又は感情を創作的に表現したものというこができないからである。したがって、一話完結形式の連載漫画においては、著作権の侵害は各完結した漫画それぞれについて成立し得るものであり、著作権の侵害があるというためには連載漫画中のどの回の漫画についていえるのかを検討しなければならない。

ID非公開

質問者2021/6/11 13:12

申し訳ありません。読ませていただきましたが、つまり私の質問への回答はどう言うことですか? 出来れば分かりやすく簡潔に書いて貰えるとありがたいです

1

質問主さんは、著作権の一部だけをなんとなく知り、その一部分だけをお知り合いと超解釈している状態です。 そこだけ説明しても、基本を知らないと超解釈の上塗りにしかなりません。 著作権についてネットで検索し、一通り読んで理解してから質問した方が良いと思います。 著作権を理解するのはとてもめんどくさいし難しいと思います。この質問の様子だと間違った解釈を互いに広めあってるようです。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/11 12:54

一応は著作権についてのサイトを見ました。 著作物を作り出した人間の権利を守るためのもので、保有者は『複製』『販売や配布』『公表や公開』『内容の改変』などの権利を有している。 そして、他者が著作物を利用する場合、著作権保有者に許諾を得ないと著作権侵害になる、という認識です。 間違っていますか? ただ、キャラクターがその著作物に直接ならないというのが良くわかりません。 言葉でルフィと言うのはアリ。 でも、マンガで描いたら同じ構図があったらダメ、オリジナルの構図だったらアリ、みたいな解釈の基準が明確なのかが不明です。