回答受付が終了しました

金融について

経済、景気 | 貯金26閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(5件)

0

投資などアタシャ21・2のころからヤッテましたが・・・ ・・・比率まで・・・ 自分で考えてみたら? この程度の思考も調査も出来ないなら一生貯蓄に励んで下さい。。。 ちなみに・・・ アタシャ金融資産の95%投資してますが!!!

0

その通りです。 1980年頃のアメリカ経済のように二桁レベルの高いインフレが続く状態では、物資供給が間に合わないほどに多くの企業や個人がお金を使っている状態なので、インフレ率を抑え込むには銀行からの貸出が減り、株式市場で資金調達されることが好ましいです。 デフレ・低インフレに陥っている国で、政府が株式市場にお金を集める政策を行っても意味がなく、経済政策のリソースを無駄遣いしているだけです。

0

貯蓄・・・・誰かに運用を委任する。元本保証だと、委任された側は、 利益を出さないといけない。 投資・・・・ご自身の責任で頑張る。目減りは自己責任。 投資がゼロサムゲームなら、投資で博打に参加するか、 自己責任逃れで、拒否するか。 貯蓄を誰かに委任するか、それとも元本確保で危険なことは しないか。 考え方に良し悪しはありませんよ。

0

投資。 銀行は個人客から貯蓄されても運用(投資)ができないから、個人客の貯蓄が増えるほど損をします。普通預金口座の0.001%だろうが銀行にとっては払いだからマイナスです。更に、日銀の当座預金残高が増えるのでペナルティとして0.10%取られてまたマイナスです。だから、預金が増えると0.101%損をします。

0

貯蓄と投資が排反する概念だと勘違いなさっているようですが、貯蓄されて銀行に預金されたお金の中から投資されるのですよ。もちろん間接金融が銀行である必要はありませんが。