回答受付が終了しました

バンド編成にて。 ロックバンドですが、ドラマーが見つからないから、代わりにカホンでやるのって有りでしょうか?

ドラム、打楽器 | バンド37閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(7件)

0

有り無しで言えばアリですが、ドラムは全く出来ないけどカホンなら任せろって人もそこまで多くないと思いますよ。 パーカッショニスト以外が叩くカホンは急場凌ぎの楽しい演奏でしかないです。それでも構わないんなら何も問題ありません。求める演奏水準や音楽的な許容範囲の問題です。 特性の違いも予めご理解ください。カホンはごく一般的な奏法だとハイハット(ライド)の機能、音色を持ちません。ドラムセットからハイハットやライドを抜いただけの手順、つまりスネアとバスドラムのみになります。穴埋めする事は可能ですが、ドラムセットのそれとはやはり違います。 無論カホンセットにハイハットやライドを組み込む事は可能ですが、それだと簡易的とはいえドラムセットとしてしっかり機能してしまいますし、奏法としては片手でスネア、バス、フィルインの要素をこなす必要があるためむしろ高度になります。 音量は音響ありきでどうにでもなります。あとは機能や音色の違いをどう捉えるか、許容範囲的にはどうなのか、です。

0

あり、といえば、あり、ですが、ちょっと「うーん、、、」なところもありますね。 僕は楽器を諦めた人で、しかし、10年くらい前にカホンの存在を知って、「これなら!」と始めたんですけど、多くの人は、ドラムの経験があってカホンも始めた感じなので、カホンのできる人を探すと、実はドラムもできたりするのではないでしょうか? さて、カホン。ピックアップをつけて、音響卓を通せば、音量的になんとかなるとは思いますし、歪ませても面白いかなとは思います。しかしやはり、シンバル(基本、素手で叩く)はほしいところ。あと、シンバルはマレットやブラシで鳴らしてもいいんで、マレットを用意するなら、ドラムセットの中かならフロアタムだけ借りて傍らにセット、マレットと素手を使い分けてカホンと併用で演奏すると、なかなか良さそうです。 それと、YouTubeで観てもらえるんだけど、「ノーベルブライト」っていうロックバンドを検索してみてください。 ドラムの人が、ストリート時代はカホンでやってて、メジャーデビュー後もドラムとカホンを使い分けてるようです。 そして、カホンを使うのは「アコースティックバージョン」で演奏するときで、ギターの方もこのときはエレキではなくアコギなんです。なので、一般的にはカホンでロックはしんどいかなと思います。 メタルカホン+音響なら、面白いかなとも思いますけどね。

0

ピンクフラミンゴin横浜さん。 自分はカホンもドラムもやりますが、やはり別楽器ですね。 エレキベースの代わりにウッドベース、エレキギターの代わりにクラシックギターぐらいの違いがあります。 ロックバンドにカホンで参加すると、叩く本人も、回りのメンバーも音量、音色、パンチ力・・・いろんな意味でストレスだと思います。 またカホンは基本「キザミ」の楽器で、音の長さが表現できません。 ハイハットのチー!とかシンバルのシャーン!、スネアやフロアのザー!やドロロってのがマネできないのです。 にしても、ステージは無理でも、ドラムの代用でとりあえず入れるだけなら手軽に参加できますので、一つの方法ですね。 AnsBy diddle