ID非公開

2021/6/12 21:51

44回答

日本製鉄の瀬戸内製鉄所で、

補足

治りますか?

原子力災害299閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/12 22:09

それって結構やばいんじゃないでしょうか? なんか病院も広島大学病院とは言ってますが。

その他の回答(3件)

0

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11244337926 を見れば分かると思いますが、X線についての被曝基準は甘いと思っているので、この基準を本当に大幅に超えたとすれば、私はかなり心配です。

ID非公開

質問者2021/6/15 21:58

ありがとうございます。

0

年間被曝限度の数倍から数十倍を短時間で被曝し、放射線宿酔で、本人のプライバシーのために容態も公表出来ないとNHK等でも報道していましたから数グレイは被曝しているものと思われます。 致死量を浴びていなかったら、何らかの障害は残る可能性もありますが、助かる確率はかなり高いのです。 あの福島原発で大量被曝し、亡くなられた方もおりますが、命を取り留めた方々も大勢います。 助かる事を強く祈ります。

ID非公開

質問者2021/6/15 21:58

ありがとうございます。

3

訴えている体調不良が二日酔いに似た症状どまりであれば回復する可能性が高くなります。 急性放射線被曝による二日酔いに似た症状は放射線宿酔と呼ばれ,およそ 1 Gy(グレイ) の被曝から生じます。X線やガンマ線ではGy = Sv(シーベルト)とみていいので 1 Gy は 1000 mSv(ミリシーベルト)相当です。 (本当は,急性被曝で Sv を使ってはいけないのですけど) 対して,骨髄の造血細胞が死滅することで血小板(出血を止める)や白血球(免疫を担う)が供給されなくなって死に至る「骨髄死」はおおよそ 3 Gy から出てくるので,被曝線量がこれを下回っていれば回復の可能性があります。 しかし快復したとしても,放射線白内障の発症や発癌などのリスクは残ります。 https://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/11/dl/s1112-7a.pdf

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/15 21:58

ありがとうございます。