今年も夏がやってきます。 終戦の日には9条反対派がまた活動するでしょうね。 その人たちは、また日本が戦争するとなった場合、76年前のような

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

1

>終戦の日には9条反対派がまた活動するでしょうね。 >その人たちは、また日本が戦争するとなった場合、76年前のような >神風だの、赤紙だの、都市の無差別空襲がまた起きると思っているのでしょうか。 この「9条反対派」ってどういう人を指しているのでしょうか。 改憲派ってことですか? でもその後の文章を見ると逆の人をイメージしているようにも見えますし。 >中国に買収された自衛隊がクーデターを起こし、日本の民主主義が覆っても、そんなことはあり得ないと思うのです。 いずれにしろ、「そんなことはあり得ない」はちょっと考えが足りていないと思います。神風はないと思いますが、赤紙が徴兵制を意味しているなら、現在の自衛隊の人員不足と少子化を考えれば、ほとんど不可避と言ってよいでしょうし、無差別空襲は現代の戦争でも起きていることです。 >爆撃しなくても、サイバー攻撃で十分その国はつぶせます。 だったら各国が軍隊を持つ必要はないですね。 でも、現実は違います。 >自衛隊が何もしなければ、自衛隊が存在しなければお隣さんはやりたい放題で、 >対馬も東シナ海の島々もとられちゃうと思います。 そうかもしれませんが、専守防衛目的の自衛隊は合憲ですから、あなたのおっしゃる「9条反対派」が改憲派を意味し、そういう人々が自衛隊を保有できないような改憲を目論んでいると、あなたが認識しているのではない限り、このようなことを書かれても意味がないと思います。

1人がナイス!しています

0

靖国神社周りには改正派の街宣車ま負けてない。世界のまともな国で日本だけが、軍隊がないのは異常です。

0

おととい国民投票法が成立しましたが、知らないのですか? https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210611/k10013079771000.html 世間やマスコミが「コロナが~」、「オリンピックが~」、「ワクチンが~」などと騒ぎ立てている間に、本当に重要な法案はひっそりと成立していたりするのです。 憲法改正までまだ時間はかかりますが、日本国民が気づかないうちに変わっていくのでしょう。