小説家になろうにて小説を投稿しているのですが、作品を全然見てくれません。

ライトノベル | 小説219閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:6/14 11:26

その他の回答(3件)

0

『二千七百の夏と冬』って作品を読んでごらん。 参考になるかもしれないよ。 冒頭から流し読みしたけど…… 作品説明を最小限にして、作品に入っているのは良いと思います。 下手な作品説明されるぐらいなら、さっさと本編を読ませてもらうほうが、読みやすいからね。 「はぁー。なんて素晴らしい世界だ!」 そんな中ある1人の少年が寝ながらが言った。 この台詞は唐突な感じする。 ついでに地の文も間違ってる。 自然の描写の後に「そんな中」も、違和感を覚えたね。 ※満員電車で押し合い圧し合いしてる描写に繋げての「そんな中」とは違いません? 風が木々に指揮をしている。 ※指揮と言い回す表現は面白いけど「詩」じゃないんで、次に繋げる発想をしても良いかもしれない。 風景描写の中から、一人の少年にスポットを動かしたいんだよね? この繋ぎに関して、少しばかり意見してみるよ。 風が丈の長い草叢をそよがせている。 ※読者の意識が「草叢」に向きました、その向いた先から次の描写に移行すると読者は読みやすい、滑らかな繋ぎになります。 その草叢をかき分けて一人の少年が現れる。 少年の名は~~ あと11才の少年だとしても、台詞がハネすぎてるよ。 元気のある少年であるという表現かもしれないが、読んでてきついよ。 あくまで、最終判断は君が下せばいいからな。鵜呑みにしないように。

0

まだ初めてばかりであれば固定ファンもいませんし、あなたの事を知らない人が多い現状です。 なので、作品を毎日投稿して、活動を続けることが大事だと思います。 すぐに多くの人に読まれることは、まずないと思ってください。 あとは、ジャンル、タイトル、あらすじ、タグ、更新頻度、流行物、など何が読まれるのか、読者の気持ちになって考えるなどもした方が良いと思います。 あとは、誰かに紹介して貰うとかですね。 自分はエブリスタで初めて作品を投稿したら、一人の人が作品紹介をしてくれて、割と多くの人が読みに来てくれました。

1

自分もなろうに投稿しています。 「多い」というのがどれくらいか分かりませんが、毎日投稿でいくと、一年で100万pvにはなります。 現在三年目で、ブクマ1188、総合評価3315ptです。 多分、これでもかなり少ない方でしょうが、個人的には満足です。 とりあえずSNSとか使ったり、例えばこの質問をしたときに、リンクを貼ったりして、宣伝してみてはどうでしょうか? 僕もあなたの作品を見てみたいですけど、見られません。 見られないということは、読者も増えません。 最初に知ってもらうことが、第一歩だと思います。

1人がナイス!しています