人類は宇宙について全体の5%程しか分かってないというのは本当ですか?調べてみると95%はダークエネルギーと暗黒物質らしいですが、もしこれが解明されたら宇宙が何なのかが分かるって事ですか?ブラックホールも分

天文、宇宙74閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

「人類は宇宙について全体の5%程しか分かってない」ということは、 「素材」に関してさえ、それくらいしかわかっていないということでしょう。 宇宙そのものについては、ほとんどわかっていない、どれくらいわかっていないかもわかっていない、というのが本当のところでしょう。 人体の素材は「アップクォーク」と「ダウンクオーク」と「電子」の3つです。 しかしそれがわかったからといって人間が分かったとは言えませんね。

0

5%どころかほとんどわかっていない。 と言うか詳細にわかっているのは地球くらいでその地球ですらわからないことがある。太陽ですらわからないことだらけ。この宇宙には2000億の銀河にそれぞれ2000億の恒星がありますが、その中のたった一個の太陽ですらわかっていないことがあります。太陽以外の恒星は遠くから眺めルことくらいしかできないし、ほかの銀河になったら一個一個の恒星このとはほとんどわかりません。むしろ人類は宇宙に関してまだまだ「無知」に近いレベルでしかありません。

0

ダークマターが多ければ何時か宇宙は収縮に転じます。 ダークエネルギーの力が強ければ宇宙は永遠に膨張を続けます。 ダークマターとダークエネルギーはまったく反対の働きをするものです。 ダークマター(暗黒物質)やダークエネルギー(真空のエネルギー)はブラックホールとは直接は関係ありません。

1

人類がこれまでの物理学の研究対象として扱ってきた物質とエネルギーはまだ全宇宙の5パーセントでしかないです。 残りの95パーセントはダークマターとダークエネルギー(暗黒物質、暗黒エネルギー)から構成されいて、それがどのようなモノかは解っていないです。 2013年までに発表されたプランクの観測結果からは、宇宙の質量とエネルギーに占める割合は、原子等の通常の物質が4.9%、ダークマター(暗黒物質)が26.8%、ダークエネルギー(暗黒エネルギー)が68.3%と算定されています。 >もしこれが解明されたら宇宙が何なのかが分かるって事ですか? 宇宙に存在している物質とエネルギーの謎が解明されますが、宇宙が何なのかまでは分かりません。 例えば、ブラックホールの中は、観測する事ができないので、科学的に証明する事はできませんし、宇宙は光速よりも速いスピードで膨張しているから、宇宙の果てがどうなっているのかは分かりません。 ダークマターやダークエネルギーに関しては、このサイトに書いてある事を参考にして下さい。 https://www.kodomonokagaku.com/read/hatena/5310/

1人がナイス!しています