ID非公開

2021/6/14 11:07

1010回答

登山について質問です。

登山93閲覧

ベストアンサー

0

ベースジャンプではないですが、トランゴのネームレスタワーをソロで登ってパラグライダーで降下しようとした南裏健康さんという日本人クライマーがいます。 降下開始直後にパラグライダーが壁に引っかかって、大変なことになりましたが…。 ちなみに登るのに使った装備は頂上からバッグに入れて地面に投げ落としています。

その他の回答(9件)

0

ムササビスーツで空飛び滑走は、登山がメインではなくムササビスーツがメインという感じですね・・

0

頂上から飛べる環境の場合・・・登頂のための装備はどうするの?おきっぱはマズいでしょ?

1

使える山もあるんでしょうけど、使おうとまでは思わないのが一般的なのだと思います。 下山の過程まで含めて、一連の「登山」ですから。 下山は体力的には楽ですが、登りよりも難しいです。 体への負荷も登り以上にかかります。 だから転ばないように細心の注意を払うし、ずっと集中してます。 そういう気の張りつめた時間が続くので、だからこそ下山してきたときの安堵があります。 その安堵感が、充実感や満足感に繋がって、また行きたくなるのだろうと思います。 それに、こないだ行ってきた山も、山腹の途中から5㎞くらい細い砂利道の車道を通るんですが、人によっては退屈に感じるような道だとは思うんだけど、自分にとってはそんな下山の過程は経験や体験を思い出に昇華させるための時間だと考えています。 だからすっ飛ばしてしまいたいとは思いません。 そんな、思い出を整理させてくれる時間を与えてくれるから、好きな山でいられるんだと思います。 だから、下山まであって、初めて一連の「登山」足り得ると思います。 少なくとも、自分にとってはそうです。

1人がナイス!しています

0

にちは。 某クレージージャーニーで 飛んでる人いましたね。 ムササビスーツ と パラシュート が 必要だったかと。 登山装備 ムササビスーツ パラシュート ↑登山が大変かと。

ID非公開

質問者2021/6/14 13:05

回答ありがとうございます。 実際に飛んでる人いるんですね! そっかパラシュート… うーん、ソロだと厳しいかな〜

3

下りのプロセスになんら魅力が無ければ、 ムダとしか思えなければ、 ショートカットしたくなるかもしれませんね。 私は寄り道、回り道が嫌いじゃないので興味が無いですけど。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/14 13:00

回答ありがとうございます。 下りを一瞬で出来るなら、よりゆっくり登りが出来ると思います。 より安全に、それこそ寄り道も可能になると思うんですが、それでも魅力がないですか?