回答受付が終了しました

ID非公開

2021/6/14 15:04

44回答

DeNA・国吉佑樹と千葉ロッテ・有吉優樹の電撃トレードはDeNAが得をしましたか?ロッテが得をしましたか?

プロ野球271閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(4件)

0

年俸が国吉が3000万ほど高い。この時点で人件費3000万浮く。 有吉が先発で機能したらさらに得。機能しなくても赤間のようにクビにするだけ。 国吉の穴と言っても、防御率5点台だし、中川虎、京山と有吉を競わせて、負けた方を敗戦ロングリリーフに回すだけ。 国吉が澤村のような感じになればロッテが得。描いているイメージはまさに、それでしょう。

3

当たり前ですが、それぞれの移籍先でどれほど戦力になるか、 何試合か投げてみないことには損も得もありません。 すでにあるとおり、リリーフが足りないロッテと先発が崩壊してる 横浜で利害が一致したであろうことは容易に想像できます。 国吉は、防御率5点台で不安定ながらいちおう一軍でバリバリ 投げてたのに対し、有吉は昨季一軍3試合、今季はずっと二軍。 実績からいっても国吉の方がだいぶ上の格差トレードですけど、 その分年俸にもけっこう差があるんで(約3000万)、ロッテ側にも 相応のリスクはあります。 ウワサでは、昨季二軍監督だった三浦監督が、イースタン時代から 有吉に目をつけていたとかいう情報もあるんで、ベイファンとしては 番長の眼力に期待したいところです。

3人がナイス!しています

2

現時点の情報だけではロッテ有利。 ここ数年の実績をみると国吉の方が1軍での実績がありますし、年齢も若い。 今季も18登板ながらに29.2回と先発の足りないDeNAのロング要員として、つい先日も投げていた投手です。 一方有吉はここ数年1軍での出場機会が減っています。 今季の2軍での成績も何とも言えないものです。 言ってしまえば 1軍の投手⇔2軍の投手 のトレードにしか思えません。 ただ数年後どうなっているか、評価が逆転していることもあるかもしれません。 両選手とも新たな環境で頑張ってもらいたいです。

2人がナイス!しています

2

どっちが得かどうかは、それぞれの判断もありますが。。 現状、ロッテは中継ぎの層を厚くしたい。一方、DeNAは先発のコマ数が欲しい。 この両面からみると、一軍ですぐに戦力になりそうなのは、ロッテの国吉の方かなとは感じます。 ロッテは沢村がメジャーにいき、中継ぎで力で抑え込むのが一人は欲しかった。そこに国吉は球威は文句なしですし、もってこいです。ましてや体も丈夫。 まぁ国吉は安定感はないですが。 有吉はケガの手術から復帰後、いまひとつ球威に欠いていました。一軍レベルだと、いい時の有吉くらいまで復活してくれないと厳しいかなとは思います。しれがどれくらいで回復するか。これがポイントかと。 今すぐという判断であれば、ロッテのほうがお得感はあります。

2人がナイス!しています