ID非公開

2021/6/14 19:51

66回答

貯蓄について(目標金額はありません) 長文+まとまりが無い文章です。不愉快な方な思いをされる方は見ないでください。

資産運用、投資信託、NISA | 貯金104閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/6/14 21:24

どちらの銀行も持っていません。イオンは近くにあります。楽天はたまに使うので作れないこともないと思います。 ただそうすると稼働していない銀行が増えてしまうんです。それは嫌で…。 まず地元の銀行があります。戻る気はないのですが通帳も実印も親の手元にあり解約出来ません。そこの銀行に預けると使われる可能性があるので預けられません。 今住んでいるところでは支店は1ヶ所しか知りませんがUFJ銀行があります。使わないので解約しようと思っていましたが、その銀行でも差し支えないんでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

色々なご意見ありがとうございました。とりあえず銀行に行って積み立ての話を聞くのは双方の時間の無駄になるのでキャンセルします。UFJは解約し、イオン銀行の開設をして細々と貯めていきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:6/15 9:59

その他の回答(5件)

0

サラリーマンなら、会社に財形貯蓄制度はありませんか? 一般財形で、毎月3万とか設定すれば、毎月3万ずつ 定期預金として、積み立ててくれます。 20年前は、月5万で3年で、190万くらいになったので、 キャッシュで車を買えました。

ID非公開

質問者2021/6/14 22:16

財形貯蓄制度はあります。給与と一緒に勝手にいくらか引かれています。 (3万は引かれてませんが) それが最終いつ自分の手元にくるのか、そもそもそれは何なのかよく分かっていません。引き落としも多分できません。ブラック企業なのでそのから退職金払うのかなと勝手に考えてますが…。

0

銀行は手数料で儲けを出しています 積み立てNISAで投資信託の運用手数料を得るために勧めているのでしょう。 積み立てNISAはネット証券でやるならとてもおすすめです 米国の株投資信託では20年運用して元本割れしたケースは存在してません。 iDeCoと違い売りたい時に売れるのがいいです。 自分で調べて考えてみてください

ID非公開

質問者2021/6/14 21:27

iDeCoの話もありました。難しくてわかりませんでしたが…。 お金を貯めたいだけなので売りたい買いたいのことがよくわからないんです。 お金を誰に売るのかも何故自分のお金をお金で買わなければいけないのかも…。知識不足で聞いたのですみません。

0

基本的なことを理解しましょう。 通常は 収入-生活費=「貯金」 という考え方ですが 収入-「貯金」=生活費 として考えることが出来たら上手く貯蓄が出来るかもしれませんね。 どこもやりくりは大変なのです。 まずは、①目標を持つこと ②少額でも良いので毎月コツコツと蓄えていくことです。 ③100万円の貯蓄も1円の貯蓄から始まること、を認識しましょう。

ID非公開

質問者2021/6/14 21:31

その収入-「貯金」=生活費を実現するために自動引き落としを考えました。 ①目標がいるならとりあえず50万位で…。貯まるなら貯まるだけいいです。 ②なので少額から自動引き落としが理想です ③それは理解しています。

0

「損なしで単純にお金を貯めたい」ならその銀行で自動積立定期がいいかと思います。毎月1万5000円、ボーナス月3万円で設定すれば自動で、手間なしで貯まります。3か月とか短いものならすぐ下せますし、定期預金は絶対に減らない安全なお金です。一応、預入期間は決まっていますが、解約可能です。ただし、とても利率が低いので、定期預金ではお金は増えません。 つみたてNISAは、株ではなく、投資信託という金融商品を買います。価格が上下するのでお金が減ったり増えたりします。絶対に儲かる、というものではないです10年20年やれば損はしにくいかと思われます。利益が出たら所得税20.315%が引かれない制度です。やるやらないはあなたの自由です。 銀行で、つみたてNISA等の説明を聞いても、契約しないこと。やるならネット証券で。

ID非公開

質問者2021/6/14 21:35

金融商品はいらないんです。自分のお金をお金で貯めたいだけので…。 ネット証券を調べましたが知識0の私では難しくて出来そうにないです。 定期にすると必要なときいくらとかという指定は短期期間でもできますか? それとも全額下ろさなければいけないのでしょうか?

0

希望に従えば 一番良いのは積立貯金です。 積立預金月3万円ボーナス月9万円。 財形貯蓄月1万円ボーナス月5万円。 これを基本に貯めていました。 財形貯蓄は、多くの場合、銀行に振込まれる前に給料天引きです。 NISAやiDECOは投資なので損する場合もあります。 投資信託も同じ。 過去の運用実績で言えば30年程度続ければ、凹凸が無くなり トータルでプラスになる可能性が非常に高いという物です。 リスクとリターンは表裏一体です。 ハイリスクハイリターン。 しかし、ハイリスクローリターンという割に合わないのが 投資信託。手数料ばかり取られて損します。 積立NISAも売りたいときに売れないのはリスクです。 やるなら株式現物です。 配当金や、株主優待があるので、金利は得です。 例えば ビックカメラを5万円で買いましたが、現在株価11万円。 配当金は少ないですが、優待券が年間5000円もらえるので10年で元を取りました。 KFCは200万円でいましたが、現在株価280万円。 今年は年間配当金が6万円。優待券が年間3万円分もらえるので、500円ランチ60回分になります。 ディズニーリゾート優待券目的のOLC株は70万円の時に2単元買いましたが、現在株価1300万円以上になっています。地方なら家が買えます。 博打のような物だと言いますが きちんと調べて納得行く買い方をすることと 一点豪華買いしないこと、分散投資、それは銘柄も分散、買う時期も分散、一気に買わないことが重要です。 株価は、過去実績で言えば、上がる傾向にあります。

一言で言えば 投資しないことこそ、リスクです。 お金の価値というのは、永遠だと思ったら大間違い。 今の1万円は、将来千円程度の価値になるかも知れません。