真面目な話、韓国の文在寅大統領は、何の理由で、

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:6/24 4:44

その他の回答(4件)

0

米中の狭間で態度が曖昧な韓国に対して 西側G7が用意した対中国の「踏み絵」を 韓国に踏ませる為に招いたと見るのが妥当な線かと・・・ 虎の尾を踏んだ韓国に対して 中国がどう対処するのか・・・ 昔からどっち付かずのいいとこ取りをする輩は 結局どちらからも肘鉄を食らう羽目になる事を 未だに理解できない愚かさを通り越して 憐みさえ感じるがこれも全て「自業自得」だ

1

既に立派な回答がありますから重複は避けます。 文在寅は「先進国の仲間入りだ」と有頂天で参加しました。 しかしその実態はかねてより習近平に擦り寄り中国の顔色ばかり伺う文の姿勢に不満を持つ米英がG7プラス4という「西側主要国の会議」という席での中国批判決議に文を同席される事が目的だったのです。 この後中国からの猛烈な抗議と制裁=嫌がらせが待っています。

1人がナイス!しています

0

今回のG7に中国が苛立ったような事を言っているのは「対中国」要素が強いからですね。 韓国が中国に約束している三不一限 ・THAAD追加配備はしない ・アメリカのミサイル防衛構想には参加しない ・韓米日三ヶ国軍事同盟にはしない ----- ・中国の安保に影響しないようTHAADの運用は"限"定する 文大統領は中韓首脳会談で習主席に「中国は偉大な峰のような国、韓国は小さな国だが中国の夢を共にする」。中国は韓国を属国のように扱います。 ヨーロッパは近年まで中国を大して脅威とは考えていませんでしたが、中国の夢(世界の中心は中国)を実現しようと力(金+軍事力背景)で拡張している中国を無視できなくなってます。 「お前は中国側じゃないんだろな」という圧迫の意味があると思います。 バイデン政権は対中・対北戦略として日米韓3ヵ国協力構想を捨てていません。韓国に圧力をかけてます。 韓国司法は、G7開催前に元慰安婦の日本を原告とする訴訟、元徴用工の日本企業を原告とする訴訟を棄却するという行為に出ました。司法は判例主義であって、通常は過去の裁判例を基準にするので真逆な判定をするというのは異例な行為でしょう。特に元日本企業労働者(徴用工でない原告もいます)の裁判では最高裁で原告勝訴という確定判決が出ています。 「日本を敵扱い」して来た事に困ってるんですよ。 日本は「だからどうした、問題を根本的に解決しろ」というスタンスですが。 G7の共同声明はG7国のみが署名しますが、「開かれた社会声明」には招待国も署名していますが、韓国政府は「特定の国を狙ったものではない」とわざわざ公式に言っています。中国の報復を恐れているという事。

「文在寅大統領は何をしに」という事であれば「韓国はG7に招待されるほど世界の中でのポジションは強くなった」と国内で言うためです。

2

対中包囲網に参加するかどうかの、踏み絵を米国に踏まされただけですよ。 当の韓国は踏んだと思ってないようですが。 韓国は中国には対しては単なるオブザーバー参加で何ら意見を述べる立場になかったと説明してるんでしょうね。

2人がナイス!しています