会社勤め39年。厚生年金も39年払い続けました。

年金40閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/6/15 17:19

その他の回答(2件)

0

厚生年金加入期間が長いというのは、遺族年金受給額は増える事です。 ですが、1年程度でも知れた額です。 休職し続けても、健康保険料と厚生年金保険料の負担は有ります。 退職金の勤続年数には入らない筈で退職金は増えないでしょう。 でも、退職して退職金を運用して増やすという手法は可能です。 御自由にとしか言いようが無いです。 休職を永久に可能だと思ってる回答者が居るようだね。 そんな事は無く、いずれ解雇される。

1

高年齢者雇用安定法がこの4月から施行されています。 下記のような内容です。 ●定年を60歳未満とすることの禁止 ●65歳までの雇用確保措置……以下3つのいずれかの措置を事業主に義務付け (1)定年を65歳に引き上げ (2)65歳までの継続雇用制度の導入 (3)定年制の廃止 体調が戻るまで休職することをおすすめします。

1人がナイス!しています