日本語の文章を上手く書けるようになりたいと思っています どの作家の作品を多く読めば良いでしょうか?

日本語 | 読書33閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

日常的な文章を書くためなら 小説などはちょっと回りくどいと思います。 ニュースの記事を読めば 文章力がついて勉強にもなります。

0

作家よりも、学者が一般向けに書いた文章がいいです。間違いないところで、何人か挙げます。 外山滋比古 清水幾太郎 三木清 寺田寅彦

0

自分が読みやすいと思う作家の本であれば何でも良いです。 読むだけでなく、書き写してみるのも効果的です。 それ以上に、書くのが上手になりたかったら「たくさん書く」のが一番ですよ。 一流ギタリストの演奏を見聞きしても、ギターを上手に弾けるようになるとは限らないのと同じです。 書く力はある程度のところまでは技術で伸ばせますから、たくさん書いて読み返して、伝わりにくいところを自分で修正できるようにするのが結局の所上達への近道です。 もちろん、最初のうちは他人に読んでもらって指摘を受けるのも良いです。 少なくとも、他人の文章を読むだけで上達できる人はごくわずかしかいません。 読むことに意味がないというわけではなく、「それだけ」では難しい、ということです。

0

小川洋子さん、川上弘美さんはどうですか? 硬派な美文なら三島由紀夫でしょうが、あれは天才の域。 幸田文さんの文章が私は好きですが、少々古さは否めないか。

確かに私も入社して英文資料を作成するときに、英語圏で発行されたWall Street Journalなどで練習したので、新聞の型崩れなしの文章がいいですね。 小説ではなかったですね、失礼しました。