電験3種で、%Z(インピーダンス)は問題としては頻出らしいですが。

工学 | 資格145閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます!

お礼日時:6/19 14:32

その他の回答(3件)

0

みなさんが%Zの説明をしてくれているので私はこの計算方法の利点を。 通常,電力系統は変圧器で電圧が昇圧されたり,降圧されたりします。したがって,電圧の基準の違う回路を対象に計算することは大変煩雑になります。 そこで,%Zをつかった計算またはPU法(単位法)を使った計算方法が用いられます。 この方法であれば,変圧器の昇降圧を無視して計算して,計算の最後に電圧を換算して求めることができます。便利でしょ。というかこの方法がなければ,とうてい事故計算等ができません。 いろいろ電験情報を発信しています。よかったら参考に。 https://www.pc-reuse-shop.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E4%B8%BB%E4%BB%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93-%E8%AB%96%E8%AA%AC%E7%B7%A8/

1

定義は直列に繋げられている電気機器が短絡試験時に発生するインピーダンス電圧と定格電圧の割合です。 基準に対して最低値のインピーダンス値を言っており、短絡事故が生じた計算を行い保護協調の選定をする際に必要となるものです。 直列で回路を形成されているわけなので定格からその機器を通してどれだけ電圧が落ちたかを%で表しているという事です。

1人がナイス!しています